傷寒論の中から。

「桂枝湯」を使う症状で、肩こりが強い場合(項背部が強張る場合)には、

「桂枝加葛根湯」(けいしかかっこんとう)という処方を使うよう記載があります。

そして、無汗で悪寒が強ければさらに麻黄を配合する、ということになります。

 

桂枝湯+(葛根)=桂枝加葛根湯 で、

桂枝加葛根湯+(麻黄)=葛根湯

です。

 

・頭痛、発熱、汗出て、悪風する⇒桂枝湯

・項背強張り、汗出て、悪風する⇒桂枝加葛根湯

・項背強張り、汗出ず、悪風する⇒葛根湯

となります。

 

 

以上からあらためて要点をまとめると、

桂枝湯に、麻黄を加えると発汗作用が強いので、汗のないときに用いる。(葛根湯)

が、桂枝湯に、葛根のみを加えても、発汗作用は特別強くはないため、汗のある状態に用いる。(桂枝加葛根湯)

葛根を使う場合は、「項や背のこわばり」があるかどうかが、ポイントである。

 

汗のある状態というのは、流れる汗ではなくて、

皮膚(手の甲・ひたい・背筋など)を触れてみて、しっとりしていれば、汗が出ているとみます。

汗が漏れるのは、虚証だからであり

カゼに対する抵抗力の弱い人ということなので、

その時に葛根湯は使いません。

 

発汗の力は、

桂枝湯<葛根湯<麻黄湯 です。

  関連コンテンツ

スポンサーリンク