甘草湯(かんぞうとうと桔梗湯(ききょうとう)

書くまでもないかもしれませんが、構成生薬は、

甘草湯・・・甘草 (1種のみ)
桔梗湯・・・甘草+桔梗 (2種)

どちらもノドの痛みによく使われています。

「甘草湯」(かんぞうとう)も「桔梗湯」(ききょうとう)も3世紀初めに書かれた『傷寒論』に登場する処方です。

『傷寒論』に書かれている使い方をその通りみれば、

「のどが痛いだけのときには、とりあえず甘草湯がよい。

甘草湯で治らない時には桔梗湯を与える。」

ということです。

 

 

通常のカゼにおいては、

悪寒や発熱など、体表の症状を伴えば一般的には「葛根湯」など様々ありますが、

「甘草湯」を用いるのは、、悪寒も発熱もなく、ただノドが痛いというときです。

のど(咽頭)の腫れはないけれど、急に痛くなって困ったときです。頭痛や発熱のあるときには使いません。

少し余談になりますが、『傷寒論』には、

「麻黄附子細辛湯」を使うような場合でも、

もし咽喉の痛みが強いなら「麻黄附子甘草湯」も良い、とあります。

 

「甘草湯」(かんぞうとう)の効果

甘草は咽頭痛に適するというように書かれていますが、

「甘草湯」の効果は、当然そのまま甘草(カンゾウ)によるものであり、

なにもノドの痛みにしか効かないものではありません。

慢性的な痛みではなくて、急に起こった痛み(けいれん性疼痛)、軽度の炎症、

例えば、胃の痛み、打撲の痛み、歯の痛み、痔の痛み、筋肉の痛みでも、とりあえず使えなくはありません。

対症療法的に、痛みの緩和が主な作用です。

が、実際には「甘草湯」を単独で使うことはあまりないと思います。

 

「桔梗湯」(ききょうとう)の効果

甘草湯をつかっても効果のない場合や、

例えば扁桃炎などのノドが腫れているとき、痰が出るとき、いがらっぽいときには、

消炎・排膿作用のある桔梗(キキョウ)の力も借りて、「桔梗湯」を使うことになります。

桔梗には、鎮咳作用もあります。

それで治まればいいですが、

数日経っても治まらないときは、やはり「小柴胡湯」なども必要になるかもしれません。

扁桃炎で、炎症が強くて、口渇感があるときには、

甘草ではなく、石膏の力を借りることになります。

そのままですが「桔梗石膏」(ききょうせっこう)という薬です。

「小柴胡湯」と合わせた、「小柴胡湯加桔梗石膏」なども考慮した方がいいでしょう。

(石膏の入ったものを使うとき、胃腸の弱い人は注意して下さい。)

 

甘草湯と桔梗湯の使い方の補足と注意点

どちらも消炎効果を期待していますから、甘草は、炙った甘草ではなくて生の甘草が使われます。

どちらも、口に含んでから患部に触れさせるようにゆっくりと飲み込むのが良いと言われます。

甘草を長期間使うときには副作用の発現に気をつける必要があります。(→甘草による偽アルドステロン症について

甘草湯の方が、甘草の量が多くなると思いますので特に使いすぎないようにしてください。

「桔梗湯」に生姜と大棗を加えると「排膿湯」(はいのうとう)になります。「排膿散及湯」(はいのうさんきゅうとう)の一部分です。(→排膿散、及び排膿湯、つまり排膿散及湯

 

  関連コンテンツ

スポンサーリンク