汗が無いときの「葛根湯」

「自然発汗があるときのカゼ」には、「桂枝湯」(けいしとう)。

それに対して「葛根湯」(かっこんとう)は、「自然発汗がないカゼ」のときの薬です。

すでに自然に発汗しているときに、「葛根湯」は用いません。

 

「発汗がない」とは、汗の出るための穴が閉じてしまっていて、額も背中も湿っていない状態です。

(もし発汗があれば、皮膚はしっとり、または、じとっとしています。)

汗をかかないのは、身体が体温を上げようとしているためであり、

この時には発汗作用の強い薬が必要になります。

 

 

葛根湯=(葛根+麻黄)+桂枝+芍薬+甘草+生姜+大棗

=(葛根+麻黄)+桂枝湯

 

「葛根湯」は、「桂枝湯」に葛根(カッコン)と麻黄(マオウ)2つの生薬を加えた処方です。

葛根湯=(葛根+麻黄)+桂枝+芍薬+甘草+生姜+大棗

=(葛根+麻黄)+桂枝湯

「桂枝湯」よりも、桂枝と芍薬の量は半分くらいに減量されます。

 

桂枝+麻黄の組み合わせにより、体を温め、発汗させる作用が強力になっています。

発汗のし過ぎを防ぐはたらきのある芍薬の量が減量されてあります。

そして、やはり葛根湯の主役(主薬)は、葛根です。

葛根は、カゼの初期、発熱、頭痛、無汗、肩や首筋にコリ、発熱による口の渇き、のあるときに適した薬とされています。(葛根そのものの発汗の力はそれほど強くはないです。)

 

東洋医学的に説明すれば、、、

頭~首すじ~肩を通る経絡があり、
寒さの邪気によって、その経絡を津液がうまく流通しなくなり、
そのために起こっている項背部の痛みに対して、
桂枝+葛根の組み合わせがとてもよく効く、
ということになります。

 

葛根湯を使うポイント

では、まとめとして書きますが、「葛根湯」は「桂枝湯」に葛根と麻黄の作用を加えたもので、

葛根湯を使うポイントは・・・

カゼの初期。
寒気あり。
汗なし。
首すじ~背に強張り(こわばり)、です。

汗の出やすい虚証の人には使えません。

 

寒気(さむけ)は悪寒や悪風と表現することもありますが、

これから熱が上がってくる前兆と推測できるので、これも大事な症状です。

カゼの漢方薬と言えば葛根湯!というくらい有名ですが、

症状の合わないカゼに使っても効きません。

使うタイミングも大事です。

カゼを引きそうな予感がしたとき、身近にいる人にカゼをもらいそうなとき、

ゾクッときたなら早めに服用しておいていいかもしれません。

しかし、カゼの症状は変化がはやいです。

症状が変われば処方も変えなくてはいけません。

悪寒を感じて熱が出てすぐ葛根湯を使い、その後3日も4日も葛根湯を服用し続けるというようなことは、通常ありません。

発汗のあと熱が下がれば、すでの葛根湯の役目は終わっています。

それ以上服用を続ける必要はありません。

間違っても、カゼだからという理由だけで葛根湯を使わないでください。

  関連コンテンツ

スポンサーリンク