麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)のお話です。

麻杏甘石湯黄+仁+草+

構成している生薬が一文字ずつ名前に入りますので、とっても覚えやすい処方です。

 

 

麻黄湯(まおうとう)=麻黄+杏仁+甘草+桂枝

ですので、麻黄湯の桂枝を、石膏に置き換えたものが麻杏甘石湯になります。

 

しかし一つ置き換えただけでも、性質は大きく異なります。

石膏(せっこう)は鉱物でありまして、成分は含水硫酸カルシウム、熱を冷ます作用がとても強いものです。熱を下げ、炎症を鎮めます。

そして、汗を止める効果と、高熱による口の渇きを和らげる効果があります。

この石膏が、麻黄(まおう)の量に対して倍量以上配合されます。

冷やす作用の石膏によって、麻黄の温めて発汗させる作用が、ほぼ打ち消されます。

結果、「麻黄」+「杏仁」の鎮咳・去痰の効果が前面に出てきます。

 

気管の熱や炎症を鎮めるので、

熱感があり、黄色っぽい切れにくい痰や、激しい咳に対して有効です。

甘草は調和の作用ですので、この場合、石膏による冷えすぎを抑え、また抗炎症作用を助けます。

基本的には冷やす薬なので、冷えのある人には使えません。

咳に対しては、通常は頓服で用います。

 

のどの痛みや、咳のひどいときには、桑白皮(そうはくひ)を加えます。

「麻杏甘石」+「桑白皮」で⇒「五虎湯」(ごことう)になります。

 

※補足

麻杏甘石湯の冷やす強さは、麻黄と石膏の配合量のバランスにより決まります。

通常の麻杏甘石湯は、石膏の配合量が多く、熱を冷ます方向に働きます。そのため肺熱による症状に用います。つまり肺や気道の炎症に対して使います。

もし、石膏に対して麻黄の量を増やしてあげると、逆に温める作用となりますので、風寒(ふうかん)の邪気による症状に応用が可能となります。

 

※あともうひとつ余談で

一般には、麻杏甘石湯といえば、喘息や気管支炎の薬ですが、

炎症や腫れを抑えたりする作用があるため、

「痔核」(いわゆるイボ痔)に使っても効果があると言われています。

脹れや痛みがひどくて、座っているのもきつい場合に、試してみるといいかもしれません。

 

  関連コンテンツ

スポンサーリンク