「清肺湯」(せいはいとう)は、慢性の咳嗽に用いる方剤になります。

多量で、なかなか切れない(粘稠の)痰があり、

痰が切れるまで激しく咳き込んでしまう、というときに使います。

激しく咳き込む状態が何度も繰り返されて、

のどが痛くなってきたり、声が嗄(か)れてきたりします。

痰の色は黄色いことが多く、

透明のサラサラした痰のときは使いません。

 

 

「清肺湯」の「清」は、清熱のことであり、

清肺とは、つまり気道の炎症による熱を冷ますことです。

構成している生薬が16種類にもなるので配合関係の解説は省略しますが、

主に、鎮咳・去痰の生薬と、清熱(消炎)の効果のある生薬で成り立っています。

 

桑白皮・黄芩・山梔子 → 清熱

桔梗・杏仁・貝母 → 袪痰・止咳

天門冬・麦門冬 → 清熱・滋陰

などなど。

 

咳に使われる方剤の構成生薬の数だけをみても

麻杏甘石湯・・・4種類

五虎湯・・・5種類

麦門冬湯・・・6種類

であり、

16種類を配合する「清肺湯」は、単なる急性期の咳止めとは違うことが分かります。

消炎・鎮咳・袪痰の作用が主ではありますが、

他に鎮静・止嘔・補血・滋養強壮・利水・消化吸収改善などの効果が補助的に加えられており、

呼吸器の症状が、慢性化したときの方剤です。

 

タバコが原因の慢性咳嗽にも清肺湯が用いられますが、

そのときはまず禁煙することのほうが有効だと思います。

 

【第2類医薬品】ダスモック(24包)【送料無料】 ←「清肺湯」です。

 

肺の熱による咳に対する方剤で、

体が温まるときの方が咳がひどくなる傾向があるときに使います。

 

※念のため。名前の似た方剤の「辛夷清肺湯」は、主に鼻の症状に使います。「清肺湯」とは生薬の構成も適応も異なります。

※漢方で「痰」というと、水毒・水滞が悪化して生じる「(広義の)痰」もありますが、上記の痰は気道分泌物としての「(狭義の)痰」です。

  関連コンテンツ

スポンサーリンク