黄耆建中湯(おうぎけんちゅうとう):OKT

「小建中湯」(しょうけんちゅとう)に、黄耆を加えたものです。

黄耆を加えることによって補脾や止汗の作用が強化されます。

医療用エキス製剤では、東洋とツムラから出ています。

 

 

黄耆建中湯の出典

金匱要略(3世紀)

黄耆建中湯を構成する生薬

桂枝(ケイシ)または桂皮(ケイヒ)
芍薬(シャクヤク)
甘草(カンゾウ)
生姜(ショウキョウ)
大棗(タイソウ)
膠飴(コウイ)※
黄耆(オウギ)

※東洋の黄耆建中湯には配合されていません。

黄耆建中湯の効能・適応症状

虚弱体質の改善、病後の体力回復、冷え症、息切れ

多汗(汗をかきやすい)、寝汗、夜尿症

腹痛、食欲不振、腹直筋の緊張

湿疹、皮膚のびらん、褥瘡、アトピー性皮膚炎

慢性中耳炎、慢性副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎

  • 保険適応外の症状を含みます。
  • 上記の症状に応用が可能という意味であり、すべての症状が黄耆建中湯で治せる、ということではありません。

黄耆建中湯の使用のポイント

虚弱、虚労による諸症状を改善させる方剤です。

小建中湯を使うよりも、さらに体力の衰えがみられるとき(気虚の程度がつよいとき)に用いられます。

黄耆により、気を補って皮膚の機能を高める効果が加えられます。

汗や皮疹など、皮膚症状を伴うときに用いられることがあります。

黄耆建中湯の副作用・注意点

基本的には「小建中湯」に準じます。

長期間服用するときは、甘草による副作用に注意して下さい。

医療用エキス製剤の、東洋とツムラで、1回服用量が大きく異なるのは、膠飴(コウイ)の配合の有無によるものです。膠飴が必要かどうかで、東洋かツムラかを選択する必要があります。

  • 用法用量や使用上の注意は、医師・薬剤師の指示、または添付文書の説明を守ってください。

黄耆建中湯の関連のブログ記事

 

漢方薬一覧ページに戻る

 

  関連コンテンツ

スポンサーリンク