「啓脾湯」(けいひとう)

ほとんど便秘などしたことはない、

または

ちょっと食べ過ぎたりなんかしたところですぐ、

腹痛、消化不良、軟便、下痢を起こしやすい

というくらい、胃腸が弱い人に使われます。

 

 

冷えて下痢する(寒証)、とか

感染性胃腸炎などの炎症(熱証)、とかという

寒熱によらず

慢性的に下痢の体質の方に適応します。

 

「啓脾湯」は、

胃腸機能を改善する「四君子湯」(しくんしとう)をベースにした方剤です。

 

啓脾湯 = 四君子湯 + 陳皮・沢瀉・山査子・蓮肉・山薬

であり

沢瀉 → 腸管内の過剰な水分をさばく

山査子 → 消化を助ける

蓮肉・山薬 → 胃腸機能を強化

陳皮 → 胃の動きを改善

という5つの生薬の特徴が「四君子湯」に加わっています。

 

なお、

胃腸の消化吸収の能力が弱いので、

これを服用するときは、

少量ずつ回数を分けて服用した方が良いようです。

  関連コンテンツ

スポンサーリンク