漢方薬局への就職

漢方専門薬局で働きながら漢方薬を学びたいと考えておられる方は多いのではないでしょうか。

漢方相談は幅広い知識が身につくということで働きたい場所としては人気があります。

しかしそれだけに漢方薬局で働くための道のりはラクではありません。

 

 

漢方専門の薬局となればまずその店舗数も少ないですし、

しかも個人経営が多くて、毎年積極的な採用活動は行っているところはかなり稀です。

おそらくハローワークで探してみても、

都合よく求人を見つけられることはまずないだろうと思います。

店側としても、できるだけ良い人材を効率的に採用したいと考えますので、

基本的には求人情報は非公開で出されていることが多いようです

ということで、求人が出るのをただ待つだけではいつまでも漢方薬局では働けません。

 

一番の近道は、医療業界の就職・転職を専門にされているエージェント・コンサルタントに聞いてみることです。

・気になっている漢方薬局の求人の状況を調査してもらう
・近いうちに求人を出す予定の漢方薬局は?
・どこにどんな漢方薬局があるか?

自分調べても気付かなかった漢方薬局が見つかるかもしれません。

 



漢方薬局への就職・転職が難しいときの次の手

漢方薬局でなくても、調剤薬局やドラッグストアで、働きながら漢方薬を学べる可能性はあります。

そこで、経験、知識を積んで、専門性を磨き、

再度漢方薬局への就職のチャンスを待つか、

もしくは自身がつけば、自ら開局するところまでいけるかもしれません。

そのような夢を描きながらなるべく漢方薬の仕事ができる近道を探しましょう。

とにかく漢方薬に関われる仕事があればプラスになります。

 

薬剤師の転職満足率90%超の実績!!ファルマスタッフ
専任コンサルタントが徹底サポート!ご登録はこちら

 

事前の調査

職場選びに失敗しないように事前に確認しておくと良いと思う項目

思いついたものを書いておきます。

・まず基本的なことですが主な仕事内容・勤務時間・残業があるか・休みはとれるか

・当然ですが給料(給料の良いところをとるか、仕事内容・やりがいをとるか、
それぞれ事情はあるところですが、ゆずれないところはきちんと決めておきましょう。)

・煎じ薬は扱っているか

・どのくらいの枚数の漢方薬の処方せんを扱っているか

・漢方薬に詳しい医師との交流があるか

・患者さん(お客さんが)漢方相談にやってくるか

・勤務している薬剤師さんは漢方薬に詳しいか

・地域で漢方薬の勉強会は開催されているか

・漢方薬の本を買いときや、研修会に参加するときの費用の補助はあるか

・扱いたい(売りたい)漢方薬を採用する権利は得られるか

・将来独立したくなったときに支援してくれるか

※漢方薬の勉強は、働いて得られる知識もありますが、就職先にだけ期待するのではなく、独学でも努力する意気込みも必要だと思います。

 

ファルマスタッフの薬剤師転職サポートが選ばれる理由

 

漢方薬・生薬認定薬剤師の資格は必要か?

漢方薬・生薬認定薬剤師の資格を取って、仕事に活かせるのか?

自分で取得しておいてなんですが、

漢方薬・生薬認定薬剤師というのは、薬剤師であれば、講義を聞いて、試験に合格して、お金を払えば、得られる資格です。試験も特別むずかしいものではありません。

3年ごとに更新の必要があって、そのためのノルマがありますので、

一応、漢方の基本は知っているということのアピールにはなると思います。

だからってこの資格を持っていたらすぐに漢方相談ができるかと言えばそうではありません。

実際、現場の人間(薬剤師)もそれはよく実感していると思います。

大事なことは、漢方習得のための努力を日々積み重ねて、職場の人間や患者さん(お客さん)の役に立てるかどうかであって、

資格の有無とはまた別の話です。

漢方薬・生薬認定薬剤師の資格を取ることが目的での勉強だったら、結果資格を取れたとしても実際には活用できませんから。

何かの資格を持っていないと働けない、漢方の相談ができない、と初めからあきらめていてはいけません。

自分で地道に少しでも何かを学んでいきましょう。

 

可能性を広げるためには複数登録をお勧めします。

登録と相談は無料で、

得られる情報の幅が広がることと、

担当者との相性も、話をすすめる上では大事だからです。

 

<登録サイトリンク>

ファルマスタッフ

エムスリーキャリア

リクナビ薬剤師

ジョブデポ薬剤師

【ファル・メイト】

メディカルプラン(関西エリア)

 

問診票プレゼントします!

これから漢方相談をするにあたって

上記のサイトに登録された方の、就職先での活躍を応援する気持ちで、

オリジナルの漢方相談専用の問診票を差し上げます。

 

薬局・薬店で

患者さん(お客さん)に正しく有効な漢方薬を選んであげられるかどうか、というのは

漢方薬の知識も必要ですが

その前にまず、いかに患者さんの症状を詳細に聞き取れるか、という点が重要だと思います。

漢方相談の場合は、採血やエコー、レントゲンなどの結果で薬が決まるものではありませんから。

つまり問診の力が必要になります。

薬局に来られる方には、

オープンに色んなことを話される方もいれば

主訴しか話されない方もいます。

患者さんの話を伺いながら、要点を整理し、さらに必要な情報を得るための質問をする。

非常に技術がいることです。

そこで頼りになるのが問診票。

問診票を使えば、その点が解決されてきます。

各クリニック、薬局ごとにも色々な問診票が用意されていると思いますが、

どのような問診票を使うかで、初めに得られる情報量が違ってきます。

できるだけ多くの質問項目を盛り込みました。

それをA4両面印刷で1枚におさめています。

※上記リンク先以外からの登録では、登録を確認できませんので、ご注意ください。

お問合せのページから、

登録されたサイトと、だいたいの日時、お名前(仮名でも加)を記入して送信して下さい。

確認ができましたら、入力されたメールアドレスに問診票をお送りします。

(返信までに数日を要することがありますがご了承ください。)

 

医療資格者以外も取得可能な制度

薬剤師も薬剤師ではない人も、

例えば健康相談、栄養、サプリメント、美容の相談といったことに使える知識は、薬局で活かせるので重宝します。

さいごに、薬剤師ではなくても取得可能なものを挙げておきますので

興味のある方は調べてみてください。

漢方アドバイザー
薬膳アドバイザー・薬膳インストラクター薬膳マイスター・薬膳コーディネーター
ヘルスケアアドバイザー
ビューティーアドバイザー
スキンケアアドバイザー資格通信講座
アロマアドバイザー・アロマセラピスト
NR・サプリメントアドバイザー
今人気の資格 サプリメントアドバイザーの通信講座!
健康食品管理士
医療情報技師
認知症サポーター
禁煙支援士

薬剤師さん以外の方で、問診票をご希望の方は、すみませんが【漢方相談専用の問診票】からお願いします。

 

  関連コンテンツ

スポンサーリンク