漢方専門薬局で働きながら漢方薬を学びたい

漢方薬局で、漢方薬剤師として働きたい

と考えておられる方は多いのではないでしょうか。

漢方相談を行っている薬局は、幅広い知識が身につくということで働きたい場所としては人気があります。

しかしそれだけに漢方薬局で働くための道のりはラクではありません。

 

 

漢方薬・生薬認定薬剤師ってどんな資格?

漢方薬と生薬に興味があるので、この資格を取れるなら取りたい!と思う方も多いと思います。

しかし、漢方薬と生薬の勉強をすれば、漢方薬・生薬認定薬剤師になれるということはありません。

この認定は受けるにはまず、薬剤師であることが前提です。

薬剤師国家資格

薬剤師は国家資格ですので、薬剤師になるには厚生労働省が実施する薬剤師国家試験に合格しなければいけません。

薬剤師国家試験の受験資格が「薬剤師法第15条」に 定められていまして、

「受験資格は6年制薬学課程を修めて卒業した者」となっています。

要するに大学の6年制の薬学部卒業が条件です。

試験は毎年3月初旬くらいの2日間で実施されます。試験地は全国9地区です。

漢方薬・生薬認定薬剤師とは

日本薬剤師研修センターと日本生薬学会により、

「漢方薬・生薬に関する専門的知識を有し、能力と適性を備えた薬剤師である」ことを認定するものです。

認定を受けると、認定証やIDカードを受け取ることができ、

漢方薬・生薬に関する専門的知識を有していることをアピールすることができます。

そして、患者さんや処方医師に対して自信を持って漢方薬・生薬に関する情報提供ができます。

認定者数は全国で2,940名(2017年6月30日現在)

日本薬剤師研修センターのホームページに都道府県別に掲載されています。

漢方薬・生薬認定薬剤師になるには

まず、公益財団法人 日本薬剤師研修センターと日本生薬学会が実施する研修(9回の講義研修会と1回の薬用植物園実習)を受け、

さいごに試問に合格すれば、「漢方薬・生薬認定薬剤師」として認定を受けることができます。

研修期間としては、認定を受けるまで約1年は要します。

また、この認定は3年毎の更新制です。

更新を受けるためには、研修や学会へ参加すること等によって、毎年、定められた単位の取得を続ける必要があります。

講習や学会への参加費、研修の受講料、遠方への交通費、認定にかかる費用(2万円程度)など

認定の更新を続けるためには、ある程度の出費は覚悟してください。

会社から手当てがもらえることもあるかもしれませんが、稀だと思われます。

しかし、薬剤師としてずっと漢方薬に関わっていきたいという思いがある人なら、

勉強も苦にはならないでしょうから、認定を受けること自体は比較的容易なものです。

 

※誤解のないように書いておきますが、

この認定を受けた薬剤師でなければ、漢方薬や生薬を扱えないということでは決してありません。

認定を受けていなくても、漢方薬に精通している薬剤師はいるでしょう。

また逆に、この認定を受けたからといって、どんな漢方相談にも対応でき、漢方相談薬局で食べていけるということでも決してありません。

「漢方薬・生薬認定薬剤師」の肩書をどう活かすかは、その人次第となります。

 

漢方薬・生薬認定薬剤師の資格は必要か?

漢方薬・生薬認定薬剤師の資格を取って、仕事に活かせるのか?

自分も取得しておいてなんですが、

漢方薬・生薬認定薬剤師というのは、薬剤師であれば、講義を聞いて、試験に合格して、お金を払えば、得られる資格です。試験も特別むずかしいものではありません。

3年ごとに更新の必要があって、そのためのノルマがありますので、

確かに一応は、漢方の基本は学んでいるということのアピールにはなると思います。

だからといってこの資格を取ったらすぐに漢方相談ができるかと言えばそうではありません。

実際、現場の人間(薬剤師)もそれはよく実感していると思います。

大事なことは、漢方習得のための努力を日々積み重ねて、職場の人間や患者さん(お客さん)の役に立てるかどうかであって、

資格の有無とはまた別の話です。

漢方薬・生薬認定薬剤師の資格を取ることが目的での勉強だったら、結果資格を取れたとしても実際には活用できませんから。

何かの資格を持っていないと働けない、漢方の相談ができない、と初めからあきらめていてはいけません。

自分で地道に少しでも何かを学んでいきましょう。

 

座学の勉強会に参加するメリット

資格を取るための勉強というのはおススメしませんが、

実際に、漢方薬の勉強会や講演、講座などに参加することは大切です。

同じように参加されている人と知り合いになるチャンスがたくさんあるからです。

当然、漢方の業界に詳しい方々が集まってきているので、

そこで貴重な情報が得られる可能性は十分あります。

漢方薬局を紹介してもらえることもあるかもしれません。

 

漢方薬局への就職

漢方専門の薬局となればまずその店舗数も少ないですし、

しかも個人経営が多くて、毎年積極的な採用活動は行っているところはかなり稀です。

おそらくハローワークで探してみても、

都合よく求人を見つけられることはまずないだろうと思います。

店側としても、できるだけ良い人材を効率的に採用したいと考えますので、

基本的には求人情報は非公開で出されていることが多いようです

ということで、求人が出るのをただ待つだけではいつまでも漢方薬局では働けません。

 

一番の近道は、医療業界の就職・転職を専門にされているエージェント・コンサルタントに聞いてみることです。

・気になっている漢方薬局の求人の状況を調査してもらう
・近いうちに求人を出す予定の漢方薬局は?
・どこにどんな漢方薬局があるか?

自分で調べても気付かなかった漢方薬局が見つかるかもしれません。

 



漢方薬局への就職・転職が難しいときの次の手

漢方薬局でなくても、調剤薬局やドラッグストアで、働きながら漢方薬を学べる可能性はあります。

そこで、経験、知識を積んで、専門性を磨き、

再度漢方薬局への就職のチャンスを待つか、

もしくは自身がつけば、自ら開局するところまでいけるかもしれません。

そのような夢を描きながらなるべく漢方薬の仕事ができる近道を探しましょう。

とにかく漢方薬に関われる仕事があればプラスになります。

 

薬剤師の転職満足率90%超の実績!!ファルマスタッフ
専任コンサルタントが徹底サポート!ご登録はこちら

 

事前の調査

職場選びに失敗しないように事前に確認しておくと良いと思う項目

思いついたものを書いておきます。

・まず基本的なことですが主な仕事内容・勤務時間・残業があるか・休みはとれるか

・当然ですが給料(給料の良いところをとるか、仕事内容・やりがいをとるか、
それぞれ事情はあるところですが、ゆずれないところはきちんと決めておきましょう。)

・煎じ薬は扱っているか

・どのくらいの枚数の漢方薬の処方せんを扱っているか

・漢方薬に詳しい医師との交流があるか

・患者さん(お客さんが)漢方相談にやってくるか

・勤務している薬剤師さんは漢方薬に詳しいか

・地域で漢方薬の勉強会は開催されているか

・漢方薬の参考書などを買いたいときや、研修会に参加するときの費用の補助はあるか

・扱いたい(売りたい)漢方薬を選ぶ権限は与えられるか

・将来独立したくなったときに支援してくれるか

※漢方薬の勉強は、働いて得られる知識もありますが、就職先にだけ期待するのではなく、もちろん独学でも努力する意気込みも必要だと思います。

 

ファルマスタッフの薬剤師転職サポートが選ばれる理由

薬剤師の取得可能な資格についてのコンテンツが充実しているのは↓


 

登録される場合は、可能性を広げるためには複数登録をお勧めします。

登録と相談は無料で、

得られる情報の幅が広がることと、

担当者との相性も、話をすすめる上では大事だからです。

 

<登録サイトリンク>

ファルマスタッフ

エムスリーキャリア

リクナビ薬剤師

ジョブデポ薬剤師

【ファル・メイト】

メディカルプラン(関西エリアに特化)

 

 

登録販売者とは

今やドラッグストアにおいては、薬剤師よりも登録販売者の方がよく目にします。

副作用のリスクが比較的低い、「一般用医薬品」の販売と情報提供が認められる国家資格です。

販売が認められている商品の範囲内で、生薬や漢方薬の販売も可能です。

薬局・ドラッグストア・コンビニなどにおいて、薬剤師の不足を補う人材として働くことができます。

※販売と情報提供は可能ですが、調剤を行うには(例外を除いて)薬剤師が必要です。

扱える一般用医薬品について

一般用医薬品はリスク別に第1類から第3類に分類されています。

第1類医薬品
・特にリスクが高い医薬品
・副作用等が生じるおそれがあり、安全性上特に注意を要する成分を含むもの
・薬剤師により書面等を用いて情報提供する義務があります。
・薬剤師の判断により場合によっては受診勧奨などの指導も必要です

第2類医薬品
・リスクが比較的高い医薬品
・まれに入院相当以上の健康被害を生じる可能性がある成分を含むもの
・薬剤師・登録販売者が情報提供などに努めなければいけません(努力義務)

第3類医薬品
・リスクが比較的低い医薬品
・日常生活に支障を来す程度ではないが、身体の変調・不調が起こるおそれがある成分を含むもの
・薬剤師・登録販売者が必要に応じて情報提供などを行う必要があります(相談がなければ不要)

このように登録販売者が販売できる一般用医薬品は、第2類および第3類医薬品に限定されています。

しかしながら

多くの生薬の商品は第3類医薬品に、多くの漢方薬の商品は第2類医薬品に分類されているので、

登録販売者の資格でも多くの商品の販売や情報提供を行うことが可能です。

登録販売者になるには

資格を取得するには、都道府県が行う試験に合格する必要があります。

各都道府県毎に行われていますので、試験日程などは、受験したい都道府県のホームページなどでご確認下さい。

現在は、学歴・年齢・実務経験に関わらず、だれでも受験することができます。

登録販売者を目指されている方は多いので、SNSなどでも割と容易に情報は得られると思います。

生薬や漢方薬を中心に扱いたいと思っても、登録販売者の試験範囲には変わりありませんので、

体のこと、薬の成分のこと、法律のこと、薬の適正使用のこと等、一通り勉強する必要があります。

試験範囲の中では漢方薬の分野はごく一部です。

登録販売者の試験に合格するための勉強と、漢方薬の勉強とは、別のものだと考えておいた方がいいでしょう。

漢方薬に詳しくなりたければ、登録販売者の勉強だけでは足りないと思っておいてください。

漢方専門店を開く

登録販売者の方が、第2類医薬品、第3類医薬品に限った商品で漢方薬専門のお店をもつことは可能かもしれません。

が、もし仮に開く場合でも「漢方薬局」を名乗ることはできません。

「薬局」の言葉には、薬剤師が調剤を行う場所、という意味が含まれます。

薬剤師がいない、調剤室を備えていないお店に「薬局」の名称を使うことは禁止されています。

登録販売者に対する研修

登録販売者として働きはじめたあとも、研修を受ける必要あります。

第2類医薬品、第3類医薬品の販売、情報提供を担うのに際して、医薬品の有効性及び安全性その他これらの適正な使用に関する知識と理解を深めるとともに、これらの適正な使用に関する事項の、正確かつ適切な情情報提供に努める必要があることを踏まえ、自ら積極的に研修を受講する必要がある。とされています。

また一方、

薬局開設者や一般用医薬品販売業者などには、従業員である全ての登録販売者に対して、適切な研修を実施することが義務付けられていて、毎年、定期的かつ継続的な研修を受講させる必要があります。

地域の人々の健康に寄与する、という目的を持って、勉強を続けてください。

 

医療資格者以外も取得可能な制度

薬剤師も薬剤師ではない人も、

例えば健康相談、栄養、サプリメント、美容の相談といったことに使える知識は、薬局で活かせるので重宝します。

さいごに、薬剤師ではなくても取得可能なものを挙げておきますので

興味のある方は調べてみてください。

 



 

漢方アドバイザー
薬膳アドバイザー・薬膳インストラクター薬膳マイスター・薬膳コーディネーター
漢方茶ブレンダー
ヘルスケアアドバイザー
ビューティーアドバイザー
スキンケアアドバイザー資格通信講座
アロマアドバイザー・アロマセラピスト
NR・サプリメントアドバイザー
健康食品管理士
医療情報技師
認知症サポーター
禁煙支援士
調剤薬局事務の資格をとるならケア資格ナビで!

 

  関連コンテンツ

スポンサーリンク