薬剤師ではないけれど、漢方薬の相談や販売に携わりたい、

その方法は、登録販売者になることです。

登録販売者とは

今やドラッグストアにおいては、薬剤師よりも登録販売者の方がよく目にします。

副作用のリスクが比較的低い、「一般用医薬品」(いわゆる市販薬)の販売と情報提供が認められる国家資格です。

販売が認められている商品の範囲内であれば、生薬や漢方薬の販売も可能です。

薬局・ドラッグストア・コンビニなどにおいて、薬剤師の不足を補う人材として働くことができます。

※販売と情報提供は可能ですが、調剤を行うには(例外を除いて)薬剤師免許が必要です。

扱える一般用医薬品について

一般用医薬品はリスク別に第1類から第3類に分類されています。

第1類医薬品
  • 特にリスクが高い医薬品
  • 副作用等が生じるおそれがあり、安全性上特に注意を要する成分を含むもの
  • 薬剤師により書面等を用いて情報提供する義務があります。
  • 薬剤師の判断により場合によっては受診勧奨などの指導も必要です
第2類医薬品
  • リスクが比較的高い医薬品
  • まれに入院相当以上の健康被害を生じる可能性がある成分を含むものも
  • 薬剤師・登録販売者が情報提供などに努めなければいけません(努力義務)
第3類医薬品
    • リスクが比較的低い医薬品
    • 日常生活に支障を来す程度ではないが、身体の変調・不調が起こるおそれがある成分を含むもの
  • 薬剤師・登録販売者が必要に応じて情報提供などを行う必要があります(相談がなければ不要)

 

このように分類されていて、

登録販売者が販売できる一般用医薬品は、第2類および第3類医薬品に限定されています。

しかしながら

多くの生薬の商品は第3類医薬品に、多くの漢方薬の商品は第2類医薬品に分類されているので、

登録販売者の資格でも多くの商品の販売や情報提供を行うことが可能です。

登録販売者になるには

資格を取得するには、都道府県が行う試験に合格する必要があります。

各都道府県毎に行われていますので、試験日程などは、受験したい都道府県のホームページなどでご確認ください。

現在は、学歴・年齢・実務経験に関わらず、だれでも受験することができます。

登録販売者を目指されている方は多いので、SNSなどでも割と容易に情報は得られると思います。

ただし、

生薬や漢方薬を中心に扱いたいと思っても、登録販売者の試験範囲には変わりありませんので、

体のこと、薬の成分のこと、法律のこと、薬の適正使用のこと等、一通り幅広く勉強する必要があります。

試験範囲の中では漢方薬の分野はごく一部です。

登録販売者の試験に合格するための勉強と、漢方薬の勉強とは、別のものだと考えておいた方がいいでしょう。

漢方薬に詳しくなりたければ、登録販売者の勉強だけでは足りないと思っておいてください。

漢方専門店を開く

登録販売者の方が、漢方薬の勉強をしっかりしたのち、

第2類医薬品、第3類医薬品に限った商品で漢方薬専門のお店をもつことも可能かもしれません。

が、もし仮にお店を開く場合でも「漢方薬局」を名乗ることはできません。

「薬局」の言葉には、薬剤師が調剤を行う場所、という意味が含まれます。

薬剤師がいない、調剤室を備えていないお店に「薬局」の名称を使うことは禁止されています。

(ドラッグストアの多くが、薬局と名乗っていないのはそのためです)

登録販売者になってからも勉強

登録販売者として働きはじめたあとも、研修を受ける必要あります。

第2類医薬品、第3類医薬品の販売、情報提供を担うのに際して、医薬品の有効性及び安全性その他これらの適正な使用に関する知識と理解を深めるとともに、これらの適正な使用に関する事項の、正確かつ適切な情情報提供に努める必要があることを踏まえ、自ら積極的に研修を受講する必要がある。とされています。

また一方、

薬局開設者や一般用医薬品販売業者などには、従業員である全ての登録販売者に対して、適切な研修を実施することが義務付けられていて、毎年、定期的かつ継続的な研修を受講させる必要があります。

地域の人々の健康に寄与する、という目的を持って、勉強を続けてください。

登録販売者取得のための講座

登録販売者の試験の問題範囲は非常に広いですので、

まずは本屋さんの資格のコーナーで対策本を探して頂くといいかもしれませんが、

一からの独学ではなかなか難しいものがあります。

要点をしぼって効率よく勉強するのが賢いやり方です。

分からないところ、疑問に思ったところはすぐに質問ができますし、

試験問題を解くトレーニングもできる、

というところでやはりオススメはこちらでしょう。

登録販売者試験の過去問題集の取得

日本各地で行われてる試験は、各都道府県独自の問題です。

平成〇〇年の××県の問題、という形でたくさんの過去問を探すのは大変です。

問題集を買い集めるのも面倒だし。

そういうときに利用すると良いのが、PDFでのダウンロード。

過去問と回答と解説を自宅で簡単に入手できます。

こちらのDLmarketというサイトが便利です。

クリック→

そして「登録販売者」で検索してください。

医療資格者以外も取得可能なその他の資格

薬剤師も薬剤師ではない人も、

例えば健康相談、栄養、サプリメント、美容の相談に関する知識は、仕事に活かせるので重宝します。

さいごに、薬剤師ではなくても取得可能なものを挙げておきますので

興味のある方は調べてみてください。

漢方アドバイザー
薬膳アドバイザー・薬膳インストラクター薬膳マイスター・薬膳コーディネーター
漢方茶ブレンダー
ヘルスケアアドバイザー
ビューティーアドバイザー
スキンケアアドバイザー資格通信講座
アロマアドバイザー・アロマセラピスト
NR・サプリメントアドバイザー
健康食品管理士
医療情報技師
認知症サポーター
禁煙支援士
調剤薬局事務