乙字湯(おつじとう):OTT

日本で(江戸時代に)、脱肛・痔核に対してつくられた処方とされています。

症状の激しくない、軽度な痔に広く用いられています。

柴胡・黄芩が含まれているため、柴胡剤の一種として含めることができます。

医療用製剤には、オースギ・クラシエ・コタロー・ジュンコウ・ツムラ・テイコク・三和・太虎堂・本草・JPSなどがあります。

 

 

乙字湯の出典

叢桂亭医事小言(原南陽経験方)
勿誤薬室方函口訣(浅田宗伯)

乙字湯を構成する生薬

柴胡(サイコ)
当帰(トウキ)
黄芩(オウゴン)
升麻(ショウマ)
大黄(ダイオウ)
甘草(カンゾウ)

現在主に使われているのは浅田宗伯によるものです。

原典では、当帰の代わりに大棗(タイソウ)と生姜(ショウキョウ)が配合されています。

テイコクは甘草が多め、ツムラは大黄が少なめ、等の多少の違いがあります。

乙字湯の効能・適応症状

痔疾患(切れ痔、イボ痔、痔核)、痔出血、肛門出血、脱肛、

痔核の疼痛、便秘

女性の陰部の掻痒や疼痛、陰部湿疹

  • 保険適応外の症状を含みます。
  • 上記の症状に応用が可能という意味であり、すべての症状が乙字湯で治せる、ということではありません。

乙字湯の使用のポイント

一般的な軽症の痔に用いられることが多い漢方薬です。

柴胡・升麻には、内臓のゆるみ、下垂(痔や脱肛)を引き上げる作用があります。

当帰と、少量ですが大黄も含まれるため、どちらかというと便秘傾向の人に適します。(便秘がなくても使われます)

症状に応じて、補中益気湯や桂枝茯苓丸などが併用されることがあります。

炎症を抑える作用を強めるために、麻杏甘石湯などが併用されることがあります。

外用薬の紫雲膏(しうんこう)と併用するのが有効だといわれています。

乙字湯の副作用・注意点

鎮痛作用があり炎症を抑えるための甘草が、やや多めに含まれます。他の処方と併用するときは特に甘草の重複による副作用の発現に注意が必要です。

胃腸の弱い人は、下痢をすることがあります。

比較的体力のある人向きの漢方薬です。体力の著しく衰えている方、顔色の悪い方、冷えの強い方、出血が続いている方の痔には、乙字湯のみでは対応できません。

出産時の痔には用いられません。

  • 用法用量や使用上の注意は、医師・薬剤師の指示、または添付文書の説明を守ってください。

乙字湯の関連ブログ記事

 

漢方薬一覧ページに戻る

 

  関連コンテンツ

スポンサーリンク