「六君子湯」(りっくんしとう)と「茯苓飲」(ぶくりょういん)はともに消化器系の漢方薬として代表的なものです。

構成生薬は一見、非常によく似ていますが、若干の違いがあります。

生薬の配合から分かる、効果の違いを説明します。

 

それぞれの構成生薬

六君子湯 = 人参白朮茯苓陳皮生姜・半夏・大棗・甘草

茯苓飲 = 人参白朮茯苓陳皮生姜・枳実

 

見比べると、共通の生薬(下線部)が多いことが分かります。

違うところのポイントは、

「六君子湯」には半夏と大棗が含まれること、

「茯苓飲」には、枳実が含まれ、そして甘草が含まれないことです。そして陳皮の配合量が六君子湯よりやや多いことです。

 

 

六君子湯の特徴

「六君子湯」から、半夏・生姜・茯苓の3つを抜き出すと、「小半夏加茯苓湯」(しょうはんげかぶくりょうとう)という処方になります。悪心や吐き気を抑える薬です。

茯苓・生姜・大棗・甘草の配合は胃腸機能を高めます。大棗は食欲不振を改善します。

六君子湯(りっくんしとう)のさらに詳しい解説はこちら

 

茯苓飲の特徴

一方の、「茯苓飲」に含まれる枳実には、胃腸の蠕動運動を調整する働きがあります。

枳実は、胃の内容物の通過を順調にし、腹部の膨満感、痞え(つかえ)を除きます。

甘草は、蠕動運動を抑制します。

例えば、便秘に使う「大黄甘草湯」(だいおうかんぞうとう)に甘草を配合する理由は、大黄が効きすぎて腹痛が起こることを抑制するためです。

「大黄甘草湯」の作用を強めた「大承気湯」(だいじょうきとう)では枳実が加わり、甘草は抜かれています。

それと同様で、茯苓飲には蠕動を抑制する甘草を入れません。

「枳実」で蠕動を促進し、それを抑制する「甘草」を抜き、枳実の蠕動を助ける「陳皮」を増量しています。

 

以上をふまえてまとめ

「六君子湯」は、脾胃気虚の人に使う処方で、つまり胃腸の弱くて起こる、胃もたれ、膨満感、悪心、吐き気、などの消化器系の症状に対応します。もともと食欲が少ない人に適応します。(食べたいという気持ちにならない。)

「茯苓飲」は、どちらかというと蠕動促進が主な仕事になります。脾胃が虚弱かどうか、というよりも、食べたものが胃内でつかえ、停滞しているため膨満感が起こり苦しくて、食欲はあるけれど、食べたくても入らない状態に適します。げっぷ、胸やけなどがみられます。(物理的に食べられない。)

 

ちなみに、

つかえや膨満感が強く「茯苓飲」の適応で、さらに吐き気や嘔吐があるときには「半夏」を加えた方がいいのですが、

この場合は、「半夏厚朴湯」(はんげこうぼくとう)を合わせるのが一般的です。

「茯苓飲合半夏厚朴湯」という名の合剤があるくらいです。

半夏厚朴湯を合わせることで、ストレスなど精神的なことが関係している状況にも対応することができます。

 

六君子湯は、比較的長期に服用することが多い漢方薬です。

六君子湯には少量ですが甘草が含まれますので、偽アルドステロン症の副作用が起こる可能性はあります。

その点、茯苓飲には(茯苓飲合半夏厚朴湯にも)甘草は入りませんので、

甘草による副作用を懸念しなければいけないというケースで、

六君子湯の代わりに茯苓飲が使用されることがあるかもしれません。

 

  関連コンテンツ

スポンサーリンク