六君子湯(りっくんしとう):RKT

補気健脾・化痰の処方です。気虚に対する代表的な漢方薬となっています。

食欲不振には(原因が何であれ)ファーストチョイスで用いることができます。

「四君子湯」(しくんしとう)に、2つの生薬(半夏と陳皮)を加えた構成で、「六君子湯」です。

または、生薬の構成としては「二陳湯」(にちんとう)に、人参・白朮・大棗を加えたものにも相当します。

食欲亢進や消化管運動を促進する働きのある「グレリン」というホルモンに対する作用が明らかになってきています。

胃の痛み、胃もたれ、胃部不快感、食後早期の膨満感などがあるのに、

内視鏡検査(胃カメラ)をしてみてもガンや潰瘍などの異常が見つからないとき、

西洋医学的には治療が難しいために、機能性ディスペプシア・機能性胃腸症・機能性胃腸障害などと診断されて、

西洋医であっても積極的に「六君子湯」を処方することが増えています。

最近では、抗がん剤の副作用による食欲不振にも使われます。

医療用エキス製剤では、東洋・オースギ・クラシエ・コタロー・ツムラ・テイコク・マツウラ・三和・本草など多数出ています。

 

 

六君子湯の出典

和剤局方・万病回春

六君子湯を構成する生薬

人参(ニンジン)(または党参)
白朮(ビャクジュツ)※
茯苓(ブクリョウ)
甘草(カンゾウ)
半夏(ハンゲ)
陳皮(チンピ)
生姜(ショウキョウ)
大棗(タイソウ)

※医療用ではツムラだけ白朮ではなく蒼朮(ソウジュツ)が使われています。

六君子湯の効能・適応症状

食欲不振、胃もたれ、腹部膨満感、胃部つかえ感、消化不良、腹痛、胃痛、胃炎

胃食道逆流症(GERD)

咽喉頭異常感、咽頭痛などを呈する咽喉頭逆流症(LPRD)

機能性ディスペプシア(FD)の食後早期の満腹感

術後の胃腸障害

悪心、嘔吐、つわり

胃下垂、胃アトニー

下痢、または軟便をともなう便秘、高齢者の便秘

鬱(うつ)状態

  • 保険適応外の症状を含みます。
  • 上記の症状に応用が可能という意味であり、すべての症状が六君子湯で治せる、ということではありません。

六君子湯の使用のポイント

「四君子湯」よりも胃腸機能の改善効果を高めた方剤です。

脾胃気虚の状態で、腹部の水の巡りが悪く、胃内停水、悪心、嘔吐、呑酸、水様便をともなう胃腸症状に用いられます。

食欲不振、慢性胃炎ではファーストチョイスです。

疲れやすい、朝起きるのがつらい、食後の眠気や倦怠感、などに対しても使われます。

1日3回の服用がつらい場合は、服用できそうなときに少量または1日1~2回くらいから開始して、慣れてきてから常用量に増やしても構いません。

舌診においては、舌がむくんでいて、舌の淵に歯型(歯痕)がついている、そして、白いべっとりとした厚い苔がついているような人が特徴になります。

六君子湯の加減方

  • 「柴芍六君子湯 (さいしゃくりっくんしとう):六君子湯に柴胡・芍薬を加えたものです。胃腸の問題に、ストレスが絡んでいる場合に用いられます。医療用エキス製剤では「柴胡桂枝湯」+「六君子湯」で代用されることがあります。「四逆散」+「六君子湯」で代用されることもありますが、脾気虚の方は、四逆散に含まれる枳実で下痢を起こすことがあるので注意してください。

 

  • 「香砂六君子湯 」(こうしゃりっくんしとう):六君子湯に、香りが良くて気を巡らせる効果のある香附子・縮砂・藿香を加えたものです。気鬱で食べられない、胸のあたりが苦しいなどの場合に用いられます。医療用エキス製剤では「香蘇散」+「六君子湯」で代用されることがあります。

六君子湯の副作用・注意点

効能に「貧血性で手足が冷える者の・・・」と書かれているものがありますが、直接「血」を補う生薬は配合されていません。気虚が原因による血の不足に応用できるというくらいの意味です。

長期間服用するときは、甘草による副作用(偽アルドステロン症)に注意して下さい。

もともと水分の吸収の苦手なタイプの人であるので、服用の際には水を飲み過ぎないように気を付けた方が良いです。

白朮ではなく代わりに蒼朮が使われているものがありますが、六君子湯の場合は脾を補う目的があるので、白朮の方が望ましいとされています。

  • 用法用量や使用上の注意は、医師・薬剤師の指示、または添付文書の説明を守ってください。

六君子湯関連のブログ記事

 

漢方薬一覧ページに戻る

 

  関連コンテンツ

スポンサーリンク