大建中湯(だいけんちゅうとう):DKT

「中」を建て直す(建中)、消化器機能を改善する処方のひとつです。

建中湯類の中でも特に、お腹を温めて消化器のはたらきを建て直す作用が強いため、大建中湯と名付けられています。

最近では、イレウス(腸閉塞)の予防や治療に使う漢方薬として有名です。

1回の服用量が多い方剤ですので、お湯に溶いた方が飲みやすいかもしれません。

医療用エキス製剤では、ツムラとコタローから出ています。番号が100番の漢方薬なので、ツムラの100番などと呼ばれることが多いです。

 

 

大建中湯の出典

金匱要略(3世紀)

大建中湯を構成する生薬

山椒(サンショウ)または蜀椒(ショクショウ)※
乾姜(カンキョウ)
人参(ニンジン)
膠飴(コウイ)

※花椒(カショウ)や川椒(センショウ)と呼ばれることもあります。

大建中湯の効能・適応症状

お腹が冷えて痛み、腹部膨満感のあるもの

腹痛、嘔吐、下痢や便秘

過敏性腸症候群、鼓腸、胃けいれん、尿管結石、腎臓結石、胆石

慢性胃炎、慢性腸炎、腸重責症、虫垂炎、憩室炎、膵炎

腸管癒着による腸管通過障害、術後のイレウス、腸捻転

全身麻酔による手術後の排便異常の改善や予防、小児の術後の便秘症

化学療法やオピオイド系鎮痛剤による便秘

  • 保険適応外の症状を含みます。
  • 上記の症状に応用が可能という意味であり、すべての症状が大建中湯で治せる、ということではありません。

大建中湯の使用のポイント

すべて温める生薬で構成されており、蠕動運動の調整に働く漢方薬です。

手足やお腹の冷えがあり、冷えると症状が悪化する(嘔吐をともなう)腹痛に適します。

冷えが原因であれば、便秘にも下痢にも用いることができます。

腸管の手術後の症状に用いる場合は、予防的に術後早期から処方されることがあります。術前投与のこともあります。

冷たい飲み物・食べ物、生もの、甘いもの、果物などお腹を冷やしやすいものの摂取を控えることも重要です。

大建中湯の副作用・注意点

小建中湯とは、膠飴以外に組成上の共通点はありません。

1回の服用量が多いですが、初めは自己判断で減量せずに、指示通り服用して下さい。ただし、その後は症状に応じて加減して下さい。

肝機能障害などに注意しながら使用し、漫然と飲み続けるのは避けて下さい。

煎じる場合、膠飴以外を煎じたあとに、出来上がった煎じ液で膠飴を溶かします。

  • 用法用量や使用上の注意は、医師・薬剤師の指示、または添付文書の説明を守ってください。

関連ブログ記事

 

漢方薬一覧ページに戻る

 

  関連コンテンツ

スポンサーリンク