湿邪による胃腸障害に使う「平胃散」

生もの、冷たいもの、甘いもの、油っこいもの、アルコールなど

食べ過ぎや飲みすぎによって、胃もたれを起こした時に「平胃散」(へいいいさん)が使われます。

 

胃腸障害を起こすほどの、

生もの、冷たいもの、甘いもの、油っこいもの、アルコールなどの摂取があった場合、

漢方では、食べ物由来の「湿邪」が存在すると考えます。

水分の吸収・排泄など障害が起きています。

「湿」の病邪がお腹にあることによって、胃の気の流れが阻害されて、

胃もたれや胃痛が起こります。胃の重だるい感じがあります。

 

湿によって胃腸の働きが妨げられることは多くて、「脾は湿を忌む」とよく言われます。

 

胃の機能が弱くなると、食欲不振がみられます。

消化器の気の流れは、通常は上から下へ流れ、食べ物は食道、胃、小腸へと送られますが、

胃の気が逆上してしまうと胃酸の逆流や、悪心・吐き気がみられます。

 

 

「平胃散」の構成生薬

「平胃散」の構成は、

蒼朮・厚朴・陳皮・生姜・大棗・甘草の6つです。

・お腹に滞っている「湿」を除く(乾かす)[主に蒼朮]

消化管内の水分の吸収を良くします。

・気の流れをよくする[主に厚朴・陳皮]

蠕動運動を促進するはたらきを期待しています。

そして、

・胃の調子を整える[主に生姜・大棗・甘草]

という構成の処方となっています。

 

蒼朮・厚朴・陳皮はどれも芳香のある生薬で、吐き気を抑え、食欲を増す効果があります。

 

「白朮」か「蒼朮」か

「朮」は、、消化器の働きを助けるための方剤では通常、「白朮」を使うのが一般的です。「六君子湯」(りっくんしとう)などでは「白朮」です。

しかし「平胃散」では、湿邪を除くことを第一目的にしているので、その場合は「蒼朮」を使うのが好ましい、ということになっています。

 

湿を乾かす作用の方剤ですので、

もともと潤いの少ない陰虚や血虚の体質の方には注意が必要です。

 

「胃苓湯」(いれいとう)

食べ過ぎて、胃腸の調子をこわして、水っぽい下痢をしているようなときは、

「平胃散」に、「五苓散」(ごれいさん)をプラスするといいのですが、その時にもしあれば「胃苓湯」を使ってください。

「平散」+「五散」=「胃苓湯」 です。

 

加味平胃散について

もうひとつ補足になりますが、「加味平胃散」(かみへいいさん)というのが市販のエキス製剤では販売されています。

「平胃散」に、神曲、麦芽、山査子という消化を促進させる生薬(消導薬)が加えられている方剤です。

神曲(シンギョク):消化吸収しにくいものの消化を助ける。神麴(シンキク)ともいう。

麦芽(バクガ):デンプン質(炭水化物)の消化を助ける

山楂子(サンザシ):肉類の消化を助ける

「平胃散」の消化の効果を強めるためにこれらの生薬が加えられていると思われます。

消化不良を起こして、腹部膨満感、臭いゲップ、酸っぱい液が上がってくるなどの症状があるときに、用いられます。

  関連コンテンツ

スポンサーリンク