漢方薬は基本的にお湯で飲みましょう。

葛根湯などのように「○○湯」という名前の漢方薬は、本来生薬を煎じたお湯を飲むものです。

というのは、葛根湯は、体を温め汗をかかせて熱を下げるということを期待して服用します。(発汗法)

 

また、

当帰芍薬散のように「○○散」という名前の漢方薬は、

本来粉々に砕いた生薬を服用するものなのですが、

当帰芍薬散を服用するということは

冷え症を改善することも期待しているわけですから

葛根湯と同様

体を温めるためのものを冷たい水で飲むというのは意に反していることになります。

 

 

今まで漢方薬を水で服用されていた方は

お湯で服用することで効果が増すと思います。

 

病院で漢方薬を処方してもらった場合、

煎じ薬でなく、エキス製剤が多いと思いますが

そういった顆粒や細粒になっているものは、

フリーズドライされたものなのでインスタントコーヒーと同じように服用します。

コップに顆粒や細粒を入れ、お湯を注ぎ溶かして下さい(すぐにかき混ぜると溶けにくいので数分置いてから混ぜたほうがいいです)。

※吐き気があったり、特につわりの時などは冷たくした方が服用しやすいこともあります。

 

お湯に溶かすと漢方薬独特の匂いや味が強くなりますが、

実は匂いの成分にも薬効があると言われていますし、

基本的に、自分の体に適した、体が欲している成分が含んだ漢方薬であれば、味やにおいが気にならないと言われています。

(もちろん味が苦手であってもその薬が自分には効かないということではありませんので)

 

ただし、そもそも漢方薬の味や匂いが苦手だという方は、

無理せずに、顆粒のまま服用するか、

オブラートなどで飲みやすくしても差し支えありません。

それでもきちんと効果はあります。

 

冷え性、ダイエットに人気!生姜サプリメント【金時しょうが粒】

トコフェロンEナチュール

  関連コンテンツ

スポンサーリンク