女性の不定愁訴、

不安、いらいらなどの精神神経症状、

更年期障害などによく使われる、加味逍遙散(かみしょうようさん)、

その中身をみたいと思います。

 

 

まず、

加味逍遥散 = 逍遙散 + 牡丹皮・山梔子 です。

 

①牡丹皮・山梔子

牡丹皮・山梔子は熱の症状を抑える清熱薬ですので、

あきらかに熱証がみられるときに適します。

熱・汗・のぼせ・ほてり・頭痛・いらいら・怒りっぽい、または出血などのときです。

 

 

では、逍遙散の部分です。

逍遙散 = 柴胡・芍薬・当帰・白朮・茯苓・生姜・甘草・薄荷

 

大まかな効能は、

柴胡・薄荷 → 気うつ、精神不安を解消

当帰・芍薬 → (肝の)血を補う

白朮・茯苓・生姜・甘草 → 胃腸の機能を回復

という感じになります。

 

 

②柴胡・芍薬・甘草

逍遙散は四逆散(しぎゃくさん)の変方(、派生)といわれます。

柴胡・芍薬・甘草 = 四逆散 (-枳実)

四逆散は、ストレスで、お腹が痛くなったり、手のひらが汗で湿っているようなときに使う処方です。

 

 

③当帰・芍薬

当帰・芍薬は、四物湯(しもつとう)と共通の生薬です。

 

四物湯は補血薬の基本処方ですが、

婦人科においては月経異常を調整する目的があります。

 

 

④白朮・茯苓・生姜・甘草

ストレスや気うつが著しいときは、消化器系に影響が現れます。

腹痛、腹鳴、軟便、下痢、便秘、食欲不振など。

逍遙散には、ここのあたりをフォローすべく、

消化機能を改善する生薬も配合されています。

 

  関連コンテンツ

スポンサーリンク