「桂枝茯苓丸」(けいしぶくりょうがん)は、様々な「瘀血」による症状に対して使われている方剤です。

元々は、原典の『金匱要略』によると、婦人の「癥病」(ちょうびょう)に対して考えられた処方で、

腹腔内の腫瘤・腫瘍、(例えば子宮筋腫や卵巣膿腫など)があって、それが原因で月経異常、出血、下腹部痛が起こっているときに、桂枝茯苓丸が使われていたということです。

 

ですが現在では、男女を問わず、一般的に「瘀血」に対する代表的処方となっています。

月経不順、不妊症、子宮内膜症、子宮筋腫のほか、

打撲、関節痛、痔、頭痛、肩こり、冷えなどに応用されています。

 

 

桂枝茯苓丸の構成生薬は、
桂枝・茯苓・桃仁・牡丹皮・芍薬。

 

桂枝茯苓丸という名前ではありますが、

瘀血を解消し、の流れを良くする働きを持つ生薬は、

桂枝・茯苓ではなく、後半の桃仁・牡丹皮・芍薬の方です。

桂枝はの流れを、茯苓はの代謝を改善します。

 

血が滞ることで、経脈の気の流れが悪くなり、手足の冷えや、冷えのぼせが起こります。これに桂枝が対応します。

血が流れないと水の流れも良くないので、めまいや頭重感が現れることもあります。これに茯苓が対応します。

 

牡丹皮も芍薬もともにボタン科の植物の根の部分(牡丹皮は根皮)で、ともに抗炎症作用をもちます。解熱・消炎・鎮痛薬として働きます。

 

※駆瘀血(活血)の目的のとき芍薬は本来なら「赤芍」を用いた方が良いことになっています。

 

注意

瘀血を改善するいわゆる「駆瘀血剤」に分類されるものは、流産や早産の起こす危険があり、基本的に妊娠中は控えた方がいいです。

桂枝茯苓丸には子宮収縮作用があると言われる桃仁・牡丹皮の2つが含まれています。

桂枝茯苓丸の煎じたものは、出産時に分娩促進目的で使われていたという記録もあるようです。

 

もうひとつ、

桃核承気湯などと比べると、長期的に処方されていることもありますが、

桂枝茯苓丸は、瘀血に対しての基本的な構成にすぎず、

体力のない人には、補気剤や補血剤の併用も考慮する必要があります。

 

⇒コラム肩こりや月経不順にも?漢方薬「桂枝茯苓丸」の効果・生薬・副作用

  関連コンテンツ

スポンサーリンク