「桂枝茯苓丸」(けいしぶくりょうがん)は、瘀血の基本処方です。

最も代表的な駆瘀血剤あり、

様々な「瘀血」による症状に対して使われている漢方薬です。

 

元々は、原典の『金匱要略』によると、婦人の「癥病」(ちょうびょう)に対して考えられた処方で、

腹腔内の腫瘤・腫瘍、(例えば子宮筋腫や卵巣膿腫など)があって、それが原因で月経異常、出血、下腹部痛が起こっているときに、桂枝茯苓丸が使われていたということです。

ですが現在では、男女を問わず、一般的に「瘀血」に対する代表的処方となっています。

月経不順、不妊症、子宮内膜症、子宮筋腫のほか、

打撲、関節痛、痔、頭痛、肩こり、冷えなどに応用されています。

 

桂枝茯苓丸の構成生薬とその働き

「桂枝茯苓丸」に配合されている生薬は以下の5種類です。

桂皮(ケイヒ)または桂枝(ケイシ)
茯苓(ブクリョウ)
牡丹皮(ボタンピ)
桃仁(トウニン)
芍薬(シャクヤク)

 

人体を構成する要素を簡単に「気」「血」「水」と分けまして、

この「気血水」がすべて滞りなく人体を巡っていることが健康な状態だとします。

これを「桂枝茯苓丸」に配合されている生薬で考えると、

桂枝茯苓丸という名前ではありますが、

瘀血を解消し、血」の流れを良くする働きを持つ生薬は、

桂枝・茯苓ではなく、後半の桃仁・牡丹皮・芍薬の方です。

桂枝は気」の流れを、茯苓は水」の代謝を改善します。

 

  • 「気」の巡りを良くする・・・桂皮
  • 「血」の巡りを良くする・・・牡丹皮・桃仁・芍薬
  • 「水」の巡りを良くする・・・茯苓

 

牡丹皮・桃仁・芍薬の3つが協力して「血」の巡りを良くします。

「血」が巡るためには「気」のはたらきも欠かせません。

血が滞ることで、経脈の気の流れが悪くなり、手足の冷えや、冷えのぼせが起こります。これに桂枝が対応し、「気」を巡らせて補助します。

血が流れないと水の流れも良くないので、めまいや頭重感が現れることもあります。これに茯苓が対応し、「血」の流れが悪くなることによって生じる「水」の滞りを予防します。

 

ということで、

生薬の配分を考えれば、

桂枝茯苓丸は「血」の巡りに重点を置いている漢方薬だということが分かります。

つまり、桂枝茯苓丸は基本的に、血の巡りが悪い、血行不良、微小血管の循環障害の病態などがあるときに使われます。

血の巡りが悪い、または血が一か所に滞っている状態を漢方では、瘀血(おけつ)と言います。

瘀血の特徴として、ズキズキとした鋭い痛みを伴います。

桂枝茯苓丸の「効能・効果」に書かれている様々な諸症というのは、瘀血(とそれによる痛み)が関係しているものと考えていいと思います。

 

 

男女を問わず瘀血による症状に幅広く対応できる

牡丹皮・桃仁・芍薬は、瘀血を解消するとともに、鎮痛効果があります。

牡丹皮と芍薬はともにボタン科の植物の根の部分(牡丹皮は根皮)で、ともに抗炎症作用をもちます。解熱・消炎・鎮痛薬として働きます。

桂皮によって温めながら気の流れを良くしますので、のぼせ(冷えのぼせ)、手足の冷え、肩こりにも対応しますし、

茯苓によって水の代謝を良くすることで、めまい、頭重にも対応しています。

よく「桂枝茯苓丸」は婦人科で使われる代表的な漢方薬だと言われますが、男性でも問題なく服用できます。

例えば打撲による内出血、睾丸炎、痔などにも有効です。

 

妊婦さんは注意して下さい

瘀血を改善するいわゆる「駆瘀血剤」に分類されるものは、流産や早産の起こす危険があり、基本的に妊娠中の服用には注意が必要です。

桂枝茯苓丸には子宮収縮作用があると言われる桃仁・牡丹皮の2つが含まれています。

桂枝茯苓丸の煎じたものは、出産時に分娩促進目的で使われていたという記録もあるようです。

もし不妊治療のために桂枝茯苓丸を服用されている場合は、妊娠が分かった時点で中止すれば大丈夫です。

 

他の漢方薬の併用の必要性について

もうひとつの注意点になりますが、

桂枝茯苓丸は、瘀血に対しての基本的な構成に過ぎません。

桂枝茯苓丸は、瘀血を改善できる漢方薬と説明しましたが、

もう少し言うと、瘀血を改善するだけの漢方薬だと言ってもいいかもしれません。

瘀血の改善以外に、「気」や「血」を増やす作用や、胃腸の働きを良くする作用がそれほど期待できないのです。

 

桂枝茯苓丸の「効能・効果」を読むと、必ず書き出しに「比較的体力があり・・・」とか「体格がしっかりしていて・・・」とあるのは、

体力がない人に対しての配慮が足りない漢方薬ということでもあります。

体力がない人には使えないということではありませんが、

疲れやすい、胃腸が弱い、貧血があるなどの方は、それに応じた補気剤や補血剤などの併用を考慮する必要があります。

桃核承気湯などと比べると、長期的に処方されることのある漢方薬ですので気をつけて下さい。

 

桂枝茯苓丸料エキス

製品によっては「桂枝茯苓丸料エキス」というように「料」の字が付いているものがあります。

「○○丸」という名前からも分かるように、「桂枝茯苓丸」は本来、煎じるのでなく、生薬の粉末を蜜で練って丸めた薬(丸薬)として服用していたものです。

煎じてエキスを抽出した製剤というのは、(作り方は違うけれど)桂枝茯苓丸と同じ材料を使っているという意味で、「料」が入る方が正確な名前です。

 

  関連コンテンツ

スポンサーリンク