妊娠中でも漢方薬なら飲んでもいい?

漢方薬は安全という思い込みがあってはいけませんので、

漢方薬のエキス製剤に含まれていて、

妊婦さんには気をつけて頂きたい主な生薬を挙げておきます。

主に早・流産の危険性があるといわれる生薬です。

(催奇形性について知られている生薬はありません)

 

妊婦さんが気を付ける生薬

大黄(だいおう)
附子(ぶし)
枳実(きじつ)
桃仁(とうにん)
紅花(こうか)
牡丹皮(ぼたんぴ)
牛膝(ごしつ)
薏苡仁(よくいにん)

これらが代表的なもので、その他にも

乾姜(かんきょう)
半夏(はんげ)
芒硝(ぼうしょう)
厚朴(こうぼく)
薄荷(はっか)

なども書物によっては注意した方がいいと書かれていることがあります。

 

 

妊婦さんに要注意とは、どのくらいの注意がいるのか・・・

気をつけて使って、というのはゼッタイに使っちゃダメということではありません。

(絶対的に禁忌の生薬は、エキス製剤には使われていません)

漫然と使うのではなくて、注意しながら使ってくださいという意味です。

理論上、薬効的に危険性が完全には否定できない、ということが理由であり、

実際に服用して問題が起こっている生薬、ということではありません。

ですので専門家によっても、

用量を守り適正に使用すれば問題はない、と言う人もいれば、

慎重を期して使わない方がいい、と言う人もいます。

 

例えば、半夏は注意とは言われていますが、

半夏には吐き気を抑える作用があり、

妊娠悪阻(つわり)のとき、半夏を使った方剤が有効であることが多く、実際に使われています。

半夏厚朴湯や、小半夏加茯苓湯など。

 

今、服用することが有用かどうかで、ご自身でも判断して頂く必要があります。

もし何か原因不明のトラブルがあったときに、漢方薬のせいにしてしまいたくなるようなら使わない方がいいと思います。

 

添付文書の記載は・・・

大黄や桃仁などを含む、医療用漢方製剤の添付文書では、

「妊婦または妊娠している可能性のある婦人には投与しないことが望ましい」という表現になっています。

大黄の場合は「子宮収縮作用および骨盤内充血作用により」と理由が書かれています。

(大黄を服用するとそれで本当に早流産の危険性が増すのか?という点に疑いもあるのですが…)

その他は、「投与しないことが望ましい」ことの根拠がはっきり記載されていないものもたくさんあります。

古典にそのような記載があるからだろうと考えられますが、本当に危険なものなのかどうかは必ずしも証明はされていません。

 

要注意の漢方薬とは

しかしながら通常、

各生薬毎にみるというよりは、その生薬が含まれる漢方薬としての作用の方向性が大事で、

大黄を中心とする瀉下作用を目的とした(下痢をさせる可能性のある)漢方薬や、

桃仁、牡丹皮を含む桂枝茯苓丸に代表されるような、駆瘀血剤に分類される漢方薬は、

たとえ不妊治療として服用していたとしても

妊娠の可能性があった時点でできれば控えた方がよいでしょう。

あと発汗作用の強い漢方薬も、体力を消耗させるものと考えて通常は避けます。

※ただしそれでも症状によっては、医師など専門家の判断で服用をすすめられる場合があるかもしれません。
服用を急に止めて逆に流産してしまったというケースもあるようです。
過剰に心配しすぎず、よく相談されてください。

 

例えば、安胎薬として使われていることがある「当帰芍薬散」(とうきしゃくやくさん)ですが

その中には川芎(センキュウ)という瘀血を改善させる生薬が配合されています。

要注意の漢方薬を服用してしまったからといってあまり心配しすぎるのもいけませんし、

逆に、妊娠中でも問題ない漢方薬だからといって、服用の必要がなければわざわざ服用しなくてもいいでしょう。

 

※薏苡仁(よくいにん)について補足

これも、摂取したからといってすぐ影響があるわけではないようなので、

どのくらい注意しないといけないのか、専門家によっても見解が曖昧なところですが

「肌荒れに」などと書かれた、市販のビタミン製剤とかにも「ヨクイニン」が配合されていることがあります。

また、ヨクイニンのもとである「ハトムギ」は、薬以外にも使われています。

多用している可能性がある場合は気をつけてください。

 

こちらの記事も参考に→妊娠中の風邪(カゼ)に服用できる漢方薬は?

  関連コンテンツ

スポンサーリンク