小半夏加茯苓湯

基本処方の一つであります。

「小半夏加茯苓湯」(しょうはんげ、か、ぶくりょう、とう)です。

少し大そうな処方名にも感じますが、構成はシンプルです。

半夏、生姜、茯苓の3種類のみからなる処方です。

 

 

小半夏湯

「小半夏湯」(しょうはんげとう)といって、半夏と生姜からなる方剤があります。

半夏は悪心や吐き気を抑えます。

生姜は吐き気を抑えると同時に、半夏の刺激性を緩和させます。

そこに胃腸機能を補う茯苓(ぶくりょう)が加わりまして、小半夏、加、茯苓湯です。

シンプルな構成ゆえに、胃腸機能が低下しているような吐き気であれば、とりあえずどんな吐き気にも使うことができます。

・胃腸炎
・消化不良
・乗り物酔い
・妊娠のとき(つわり)
・胃腸の神経症
・片頭痛
・蓄膿症
・手術後
・薬の副作用で

などなど。

 

胃腸機能の低下を補う処方ではではないので、

あくまでも吐き気を抑えるための対症療法的な方剤です。

一般的には、頓服で用います。

 

小半夏加茯苓湯が向かない吐き気

ただし、

3つの生薬はどれも燥性であり、

半夏・生姜は胃を温めますので、

胃陰虚や胃熱によるものには使えません。

飲酒過多による吐き気(二日酔い)には不向きです。

胃の熱による吐き気には「黄連解毒湯」(おうれんげどくとう)などを使います。

 

また、小半夏加茯苓湯が適するのは、口が乾いていないときです。

嘔吐して口が乾く、口渇があるときは、「五苓散」(ごれいさん)などの方が適します。

 


  関連コンテンツ

スポンサーリンク