呉茱萸湯(ごしゅゆとう):GSY

胃が冷えたことに伴う、嘔吐・吃逆(しゃっくり)に対する代表処方です。

胃が冷えると胃の蠕動が弱まるので、胃が食べ物を受け付けなくなり、ムカムカと吐き気が起こります。

呉茱萸湯は、温める作用の強い「呉茱萸」をメインにして、胃腸の働きを改善する生薬たちで構成される漢方薬です。

最近では、片頭痛に効果がある漢方薬としてもよく知られています。

胃の冷えと頭痛は、関係ないような症状にも思えますが、

中医学的には、胃が冷えるとすぐ横にある「肝」も冷えるため、

肝経の経絡が伸びている頭頂部~側頭部に痛みが起こると考えることができます。

よって、冷え、吐き気、頭痛が同時にみられたときはまず「呉茱萸湯」です。

頭痛の中でも特に片頭痛は吐き気を伴うことが多いので、

「呉茱萸湯」が片頭痛の薬として定着してきています。

医療用エキス製剤では、コタロー・ジュンコウ・ツムラ・太虎堂があります。

 

 

呉茱萸湯の出典

傷寒論、金匱要略(3世紀)

呉茱萸湯を構成する生薬

呉茱萸(ゴシュユ)
人参(ニンジン)
生姜(ショウキョウ)
大棗(タイソウ)

呉茱萸湯の効能・適応症状

(吐き気を伴う)片頭痛、習慣性頭痛、神経性頭痛

胃が冷えたことで起こる諸症状(胃痛、お腹の張り、食欲低下、吐き気、空えずき、胃酸過多、下痢)

しゃっくり(吃逆)、呑酸(酸っぱい液が口まで上がってくる)

胃炎、胃・十二指腸潰瘍、胃下垂、胃腸虚弱、慢性消化不良症、逆流性食道炎

めまい、メニエール病、自律神経失調症、過敏性腸症候群

(吐き気を伴う)月経痛

  • 保険適応外の症状を含みます。
  • 上記の症状に応用が可能という意味であり、すべての症状が呉茱萸湯で治せる、ということではありません。

呉茱萸湯の使用ポイント

体を温める生薬で構成されていて、冷え症の人向きの方剤です。

冷えが関係して起こる嘔吐や発作性の頭痛に特に効果があります。

呉茱萸・生姜には制吐作用があります。

消化器系の症状に対しては頭痛がなくても用いることができます。

涎(よだれ)や唾(つば)が多く出て吐きたくなるのも、胃が冷えているときに起こりやすい症状です。

普段から、寒さをいやがり、冷たい飲食物を避けていて、暖かい飲食物を好むという人に適します。

呉茱萸湯の副作用・注意

にがい漢方薬としても有名です。

初めて服用する人には予め「にがい漢方薬」だと伝えておいた方がいいと思います。

※呉茱萸湯が合う人の中には「そんなににがくない」と平気で飲む人もいます。

冷えがあることが大事で、暑がっている人は服用してはいけません。

食べ過ぎによる呑酸、二日酔いによる吐き気や頭痛、高血圧による頭痛には適しません。

吐き気があるときは水で粉のまま服用して構いませんが、お腹を冷やさないように水は少量ずつに。

  • 用法用量や使用上の注意は、医師・薬剤師の指示、または添付文書の説明を守ってください。

呉茱萸湯関連のブログ記事

 

漢方薬一覧ページに戻る

  関連コンテンツ

スポンサーリンク