「葛根湯」(かっこんとう)は、代表的なカゼの漢方薬ですが、

肩こりや頭痛に使える漢方薬としてもよく知られています。

 

緊張型頭痛

葛根湯で効果がある頭痛は、おもに緊張型頭痛です。

緊張型頭痛は、頭がしめつけられるような頭痛であり、

肩、首~項のコリ、眼精疲労、倦怠感を伴います。

首から肩、背中にかけての筋肉が緊張するために起こる頭痛です。

 

「葛根湯」の説明

葛根湯のことが書かれた3世紀の書物『傷寒論』によると、

「太陽病、項背強ばること、几几として、汗無く、悪風するものには葛根湯が良い」と書かれています。

※太陽病とは、カゼの引き始めを表しています。

「几几」の読みは、キキとかシュシュとかの説があって正しいのはよく分かりませんが、

擬声語のキンキンとかジンジンみたいな感じの痛みを表現しており

つまりは、背~項~後頭部の筋肉がかたく緊張している状態を言っています。

葛根湯は、カゼの引き始めの薬だけど、後背部のコリがあるときに用いるもの、とその頃から言われているのです。

この状態を、葛根(カッコン)や桂枝(ケイシ)が含まれる「葛根湯」が治すということです。

 

葛根湯の、肩の凝りへの効果

葛根湯には、葛根・桂枝・麻黄・芍薬・甘草・大棗・生姜の7種類の生薬が配合されています。

葛根湯の中には、足がつった時につかう漢方薬で有名な「芍薬甘草湯」の芍薬と甘草が入っていますし、

それと葛根とが、筋肉の緊張や凝りをとっていき、

そして桂枝が、後背部にある経絡の気血の流れを改善していると考えられます。

ただし、

「肩こり」というものの、これまでの説明では「後背部のコリ」と書いたように、

葛根湯がよく効くのは、首の後ろのラインの凝りであり、

左右の肩(鎖骨の上のあたり)の凝りには、効かない可能性があると思います。(東洋医学的に、別の経絡となるので)

 

 

「葛根湯」が効いたとしても注意点

「項背強ばること、几几として」の部分だけをみれば、「葛根湯」が肩こりに効果があると言えます。

しかしながら、

肩こりや緊張型頭痛に「葛根湯」を使うというのは、どちらかというと対症療法的な使用法です。

体質改善ではありません。

本来はやはり、(首すじがゾクゾクする)カゼの初期のときに、発汗作用によって解熱させる薬です。

葛根湯で肩こりと頭痛が治まるからといって、習慣的になって、乱用されるのは困ります。

発汗が過ぎると弊害も出ます。

筋肉の緊張の原因であるような、精神的ストレスへの問題、不規則な生活、パソコンや仕事のときの姿勢、などがまず見直されるべきことなのです。

 

また、「葛根湯」には、麻黄(マオウ)が配合されています。

麻黄による副作用には注意が必要です。(参照⇒麻黄のエフェドリンによる副作用

 

麻黄の成分には中枢興奮作用がありますので、服用した際に

眠気が覚めたように頭がスッキリした感じはするかもしれません。

しかしそれを習慣にすると、薬に依存してしまうおそれがあります。

漢方薬だったら安心だろうと誤解して、常用しないように注意をお願いします。

 

高齢、高血圧、心臓病、前立腺肥大などの理由で、麻黄を避けたい場合は、

「葛根湯」から麻黄を除いたもので、「桂枝加葛根湯」(けいしかかっこんとうというのがありますので、ご参考まで。

 

「独活葛根湯」について

四十肩や五十肩、

または朝起きたときから首が動かせなくなったといういわゆる「寝違え」、

このような肩を上げられない程の痛みがあって、

葛根湯ではさすがに効かないと思われるとき、

一般的には「独活葛根湯」(どっかつかっこんとう)の方が使われます。(医療用エキス製剤にはありません。)

「葛根湯」に独活(ドクカツ)と地黄(ジオウ)を加えたものです。

市販薬では例えば

 

シジラック錠

であったり、

 

肩用ラックル顆粒

という名前で売られているものも「独活葛根湯」です。

これらもやはり、体質によっては注意して使わなくてはいけません。

※似た名前の「ラックル速溶錠」というのは、ただのアセトアミノフェン(=カロナール)ですので、お間違えの無いように。

 

  関連コンテンツ

スポンサーリンク