柴胡剤の順番

生薬の柴胡(サイコ)を配合している漢方薬のことをまとめて柴胡剤(さいこざい)と言うこともありますが、

もう少し絞って、代表的な柴胡剤というのは、

柴胡(サイコ)だけでなくて、柴胡と黄芩(オウゴン)の2つを主薬として配合している漢方薬を指します。

その柴胡剤を使うにあたって、

どの柴胡剤を選ぶべきかの目安が一応あります。

 

いわゆる実証~虚証に応じて

[実証]

大柴胡湯(だいさいことう)

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)

小柴胡湯(しょうさいことう)

柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)

柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)

[虚証]

という順番に一般的には並べることができます。

 

 

柴胡の効能3つ

柴胡は、セリ科ミシマサイコの根です。

柴胡のはたらきは主に3つに分けられます。

 

1、透表泄熱(解表退熱)

熱のあるカゼ、悪寒と発熱が交互に起こる、こじらせたカゼに柴胡が使われます。

例えば小柴胡湯、柴葛解肌湯などに柴胡が配合されています。

2、疏肝解鬱

ストレスによって肝の疏泄(気血を巡らせるはたらき)が悪くなって、イライラなどの症状が起こっているとき(肝気欝結)に柴胡が使われます。

例えば加味逍遥散、抑肝散などに柴胡が配合されています。

3、昇挙陽気

気を上昇させるはたらきが柴胡にはあり、脱肛や内臓の下垂に対する処方に柴胡が使われます。

例えば補中益気湯、乙字湯などに柴胡が配合されています。

 

上記の(柴胡と黄芩の2つを配合する)柴胡剤といった場合、

特に2つ目の疏肝解鬱の効能を期待しており、肝気欝結に対して使われる処方群となります。

肝の気がうっ滞するのでそこに熱が生じます。高血圧、めまい、ヒステリーなどの症状が出やすくなります。

この熱が場合によっては他の臓腑に影響しますので、

例えば熱が「心」に及ぶと、動悸、精神不安、不眠としても表れます。

または胃に影響すれば胃痛、胃炎や食欲不振を起こすこともあります。

このとき上半身の熱を冷やすために必要なのが「黄芩」です。

 

よって柴胡剤というのは、柴胡黄芩によって、ストレス症状、胸の熱感、胸苦しい症状を抑え、

さらに、胃のはたらきを整える生薬(半夏、生姜、大棗など)も加えられます。

 

柴胡剤の構成

あらためて、柴胡剤の構成をみてみましょう。

 

(実証向き)

大柴胡湯
柴胡・黄芩・半夏・生姜・大棗枳実大黄芍薬

柴胡加竜骨牡蛎湯
柴胡・黄芩・半夏・生姜・大棗人参大黄桂枝・茯苓・竜骨・牡蛎

小柴胡湯
柴胡・黄芩・半夏・生姜・大棗人参甘草

柴胡桂枝湯
柴胡・黄芩・半夏・生姜・大棗人参桂枝甘草芍薬

柴胡桂枝乾姜湯
柴胡・黄芩乾姜桂枝甘草栝楼根・牡蛎

(虚証向き)

 

柴胡桂枝乾姜湯だけ例外になりますが、

その他は柴胡・黄芩・半夏・生姜・大棗の共通生薬でまとめられ、

実証向きか、虚証向きかの目安は、それ以外の生薬によって決められていることが分かります。

 

真ん中の小柴胡湯を基本にして、

上の方の実証向きと言われる方剤には、冷やしたり瀉したりする生薬が配合されて、

下の方の虚証向きと言われる方剤には、温めたり補ったりする生薬が配合されている、ということです。

柴胡桂枝乾姜湯は、他の方剤が生姜であるところ、乾姜となっていることから

胃腸が弱くて、体が中から冷えているような虚弱な人に使われます。

(※某メーカーの柴胡加竜骨牡蛎湯には大黄が配合されていません。)

 

もうひとつ、ストレス症状に使う代表的な漢方薬に「四逆散」(しぎゃくさん)があります。

四逆散
=柴胡・枳実・芍薬・甘草

なので、柴胡剤としては少し特殊な構成です。

柴胡・枳実・芍薬は、大柴胡湯とは共通で、

四逆散を順番の中に加えるとすると大柴胡湯~小柴胡湯のあいだくらいに入れられます。

 

  関連コンテンツ

スポンサーリンク