「冷え性」と「冷え症」

西洋医学においては通常、冷えは「冷え性」と書き、

性質、体質みたいなものであり、

病名ではありませんので、治療対象でもありません。

一部、ホルモン療法や、ビタミン剤での治療はありますが。

 

一方、東洋医学においては、

冷えは「冷え症」と表現し、

この場合は治療しなければいけない症状、病状と考えています。

 

 

小さいころからずっと冷え症があると、

それが当たり前なので

自分が冷え症であるという自覚がない場合もあるようです。が、

例えば不妊の原因にも、自覚していない冷え症が潜んでいること多いです。

熱いお風呂を好む方や、寝つきが悪い方なども、もしかしたら体質的な冷え症かも知れません。

 

また、

「冷え」を感じていてもなかなかそれだけで病院を受診しようとは思わないものです。

冷えの原因には、

貧血、低血圧、甲状腺機能低下症、自律神経失調症などがあることもあるので、

きちんと検査を受けて治療することも必要です。

 

漢方薬で冷え症を改善する場合、

通常は当然、冷える部位や冷える原因によって方剤を使い分けます。

 

↓のコラムの方でもう少し詳しく書かせて頂いていますので、どうぞ。

ストレスや緊張で末端が冷える?頑固な冷え性は「漢方」で改善!

 

 

温まる生薬がたくさん入っている「養命酒」

「養命酒」に使われている生薬について、漢方的な効能とともにまとめて書いていますので、こちらもどうぞ。

中医学的な「腎」や「脾」のこととも絡めた内容です。

「養命酒」は冷え性改善に効果的!養命酒の生薬成分と効能

普段からの養生も大切ですが、

栄養ドリンクばかりの人で、冷えのある人は、「養命酒」もいいかもしれませんよ。

 

  関連コンテンツ

スポンサーリンク