桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう)

これは、

桂枝湯(けいしとう) + 朮附湯(じゅつぶとう) で、

つまり桂枝湯に、蒼朮(そうじゅつ)と附子(ぶし)を加えたものです。

 

逆に、

「朮附湯」の効能を、「桂枝湯」で強めた処方、とも言えます。

 

※一般に、「湿」による関節や筋肉の障害のとき、「朮」は、白朮ではなく、蒼朮です。

 

 

熱性薬の附子が配合され、

桂枝・附子 → 体をあたため、血行を促進し

附子・蒼朮 → 寒湿を除きます。

附子・芍薬 → 鎮痛効果があります

 

寒冷や湿気によって生じる、血管収縮による痛みや痺れ(しびれ)に効果がある処方になっています。

 

関節周囲の組織に水滞があり、

冷え症で、

冷えると痛む関節痛に使います。

 

炎症があり腫れて熱感のある関節痛には使えません。

 

浮腫がある場合、

さらに茯苓を加えた、「桂枝加苓朮附湯」というのもあります。

 

ふくらはぎの疲れ・むくみ・冷えの解消に遠赤磁気サポーター

  関連コンテンツ

スポンサーリンク