当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃく、か、ごしゅゆ、しょうきょうとう)は、

当帰四逆湯に、呉茱萸と生姜を加えたものです。

 

当帰四逆湯の適応と同じですが、

より冷えが強い場合や、

お腹が冷えて、腹痛や嘔吐がある場合に用いられます。

 

 

構成生薬は、

当帰四逆湯の、当帰・桂枝・芍薬・細辛・甘草・木通・大棗

に、呉茱萸・生姜

です。

ちなみに、下線の5つで「桂枝湯(けいしとう)」が入っていることになっています。

(※当帰もありますので、芍薬の量を増やせば当帰建中湯ともいえます。
当帰建中湯は、血虚で下腹部痛や月経痛などに使われます。)

また、太字の3つに人参を足すと、「呉茱萸湯(ごしゅゆとう)」です。

虚証向きの構成内容です。

 

冷え症に使う処方なので、当然ながら

ほとんどの生薬が温める性質のものです。(木通のみ寒性)

 

そして

  • 桂枝・当帰・細辛 → 血管拡張し、血行促進
  • 当帰・芍薬 → 血虚の改善・鎮痛
  • 細辛 → 鎮痛作用強い
  • 生姜・甘草・大棗 → 胃腸の働きを調える
  • 木通 → 利水(水滞による冷えの場合)
  • 呉茱萸・生姜 →お腹を温める・鎮嘔

など。

 

まとめると、

ふだんから血液循環の悪い人が、

寒冷の刺激によって、さらに末梢血管が収縮し、

冷えと、痛みが起こる状態に適します。

 

しもやけ(凍瘡)には、ファーストチョイスで使われます。

 

おもに手足の冷えに用いられますが、

下肢が冷えたとき、

下肢で冷えた静脈血が戻ってくるので

下腹部、腰なども冷えて痛くなりやすいものです。

 

女性では、

冷え症、基礎体温が低い、

冷えると月経痛や周期の延長が起こる場合にも有効です。

 



  関連コンテンツ

スポンサーリンク