「呉茱萸湯」(ごしゅゆとう)本来の効能

「呉茱萸湯」は、偏頭痛のときの漢方薬としてよく知られています。

が、本来は「胃寒」のときの薬となっています。

胃が冷えたときの、

胃が痛い、食べると吐き気がする、上腹部がつかえる、などの症状を抑えるための処方です。

配合されている呉茱萸(ごしゅゆ)には鎮痛作用があります。

しかし、

ただ単に痛みを和らげるということではなく、

基本的には、

冷えに対しての、温めてあげる処方であります。

 

構成生薬の呉茱萸・人参・生姜・大棗は、すべて温めるはたらきのある生薬ばかり。

片頭痛などの激しい頭痛にも効果があるのですが、

特に、冷えたことで症状が悪化する場合に用います。

 

頭痛のとき、その痛みのせいで

本人もあまり意識が向かないかもしれませんが、

手足は冷えていることがあります。

 

また、頭痛に伴い、

吐き気や嘔吐がみられることもありますが、

このときの吐き気や嘔吐も、

漢方的には胃が冷えたことによって起こる症状だと考えられます。

呉茱萸・生姜は胃を温め

人参・大棗・生姜で温めるとともに胃腸機能を高めます。

 

 

呉茱萸湯が適する「冷え」のときの伴いやすい症状

手足やお腹の冷え、

肩や首すじ~こめかみの凝り(こり)、

激しい頭痛、

吐き気(でも吐けない)、

よだれや薄い唾液が多い、

しゃっくり、

などです。

(すべてが当てはまらなくてもいいですが)

吐き気、嘔吐だけならいろいろな原因で起こりそうですが、

よだれや唾(ツバ)がこみ上げてくるのは、胃が冷えているときの特徴です。

冷えているときは、口渇がありません。

 

⇒コラム比較的すぐに効果が現れる、頭痛に効果的な市販漢方薬4選!繰り返す片頭痛や緊張型頭痛に効く

ズキズキとお困りの方へおすすめのサプリ【ズキラック】

 

胃の「気」

「胃」というのは、飲食物を、上から下へ送るのが本来の仕事です。

「胃」の「気」の動きは下向きが正常です。

胃が冷えてしまうと、「気」は逆に上へ上がろうとします。

ですから、胃酸が逆流したり、しゃっくりがでたりします。

冷えると消化吸収の機能も弱りますから、

胃に水も溜まりやすく、胃が重く、膨満感もあります。

吐き気も強く出てしまいます。

 

「胃」の冷えと「肝」の冷え

胃と肝の場所は、非常に近い位置にあります。

胃の冷えたときは、肝も冷えてます。

肝の気の不足しているときは、冷えが入り込みやすいです。

肝の経絡は、頭部に続いていて、頭頂部~側頭部に及びます。

冷えが肝の経絡に及ぶと、その結果、頭痛(片頭痛)が起こると考えられます。

 

呉茱萸湯の適応

というわけで、まとめですが、

「呉茱萸湯」は、腹部をあたためる生薬で構成されていて、

胃腸のはたらきを改善する効果があるので、

頭痛にも使われますが、

頭痛に限らず、また片頭痛に限らず、

冷えが原因で、吐き気などの消化器症状が伴うような症状に使える方剤ということです。

例えば、月経痛でも使えます。

逆に、熱感があるような頭痛では使えません。

 

ロキソニンやバファリンなどの鎮痛剤ですぐ胃を悪くする人にも使える、

という利点はあると思います。

 

服用するとき、

吐き気、胸やけの症状が強いときは「冷服」で、

つまり冷たい水で服用した方が飲みやすいです。

ただし、冷たすぎると胃をさらに冷やしますのでご注意を。

 

呉茱萸湯の即効性

ある漢方薬局では、

頭痛で来局された人で「呉茱萸湯」が合いそうだなと思う人には、

問診をはじめる前にまず「呉茱萸湯」を飲んでもらうそうです。

そうすると、問診が終わるころには、もう頭痛は治まっている、という話です。

頓服でも十分効果の期待できる漢方薬です。

 

  関連コンテンツ

スポンサーリンク