附子(ブシ)

トリカブト(キンポウゲ科の多年草)の塊根です。

正確には、中医学(中薬)では、

附子とは、母根に付(附)く新しい塊根(子根)のことを指し、

茎につながっている塊根(母根)は、カラスの頭の似ているので「烏頭」(ウズ)として、区別されています。

トリカブトは、紫色の花のものが有名ですが、ヨーロッパからアジアにかけて広く分布し、100以上の種があると言われています。

日本でも自生しており、昔から毒のある植物としてよく知られています。

 

 

狂言でのお話をご存知でしょうか。

一休さんのとんち話にもよく似たものがあります。

「猛毒が入っているから絶対に開けてはいけない」と言われていた壺。

主人が留守のあいだに開けてみたら、本当は(当時貴重な)砂糖(水飴)が入っていた。

それは主人が独り占めしようとしていたのだが、その砂糖を自分たちで全部食べてしまう。

そこで、主人の大事な掛け軸や花瓶を誤って壊してしまったことにして、

「壺の毒を飲んでお詫びをしようとしましたが、なぜかなかなか死ねません」という言い訳をした話。

この話の毒というのが、附子のことです。

 

附子による中毒

お話の中だけではなく、

実際に、日本でも中国でも山菜と間違えてトリカブトを食し、附子中毒で死亡する例があります。

アコニチンなどの毒性のアルカロイドが含まれていて

中毒症状としては、口のしびれ、発汗・嘔吐・よだれが出るなど、そして大量になると、不整脈・四肢の麻痺・けいれん・呼吸麻痺も現れてきます。

有毒成分は、特に根に多く含まれますが、花や葉にも含まれます。

附子(ブシ)を誤って食べると、顔の表情をつくる神経も麻痺してしまいますので

「ブス」の語源になったとも言われます。

 

漢方では、薬として

「毒」と言われる一方で、

適量をきちんと使えば「薬」になる、と漢方ではよく利用されてきています。

当然、薬として使うときは附子をそのまま使うと危険なので減毒処理を行っています。

中毒を予防する方法として、塩水に漬けたり、蒸したり、煮たり、様々な方法が考えられていますが、

一般的には、例えばエキス製剤には、加圧加熱処理したものが使われていて、

「ブシ末」や「加工ブシ末」という状態で扱われます。

無毒化の技術は高く、毒性は元の1/150以下と言われています。

エキス製剤に配合されるのは0.5g~1g程のわずかな量であり、極めて安全な量です。

 

衰えた新陳代謝や機能の低下を回復させる薬、

漢方的に言い換えれば、「陽気を補う」薬として、

腎陽の不足、脾陽の不足、心陽の不足、衛陽の不足などの各陽虚証に用います。

「真武湯」「附子理中湯」「八味地黄丸」「牛車腎気丸」「麻黄附子細辛湯」など。

また経絡を温めて痛みを止める効能があり、

冷えや湿気で悪化する関節痛などに用います。

「桂枝加朮附湯」や「大防風湯」に少量配合されています。

熱性の生薬なので、基本的には「冷え」があるときに使います。

 

大人のための図鑑 ビジュアル版 毒と薬 [ 鈴木勉 ]

 

トリカブト保険金殺人事件

余談になりますが、トリカブトの事件としては、

1986年、トリカブト保険金殺人事件がありました

トリカブトのアコニチンの毒性は、神経線維のナトリウムチャネルに作用することによって起こります。

アコニチンはナトリウムチャネルを開放するのに対して、

フグ毒として知られるテトロドトキシンは、ナトリウムチャネルを閉ざすという相反する毒性を持ちます。

自分の妻に、この二つの毒を同時に摂取させることで、お互いの毒の作用が拮抗、

摂取から毒性の発現までの時間を2時間遅らせ、自身のアリバイを作り出した、というかなり計画的に手の込んだ事件でした。

当初、死因は急性心筋梗塞とされていましたが、

多額の保険金がかけられていたこと、過去にも二人の妻を心不全で亡くしていること、トリカブトとフグを購入していたことも判明し、

その後、無期懲役が確定しています。

  関連コンテンツ

スポンサーリンク