「胃腸虚弱」と「不眠」

というキーワードで考えられる方剤は、

帰脾湯(きひとう)と紹介しました。→こちら

 

 

そこに「イライラ」が加わった時の方剤は、

加味帰脾湯(かみきひとう)となります。

 

「帰脾湯」 + 柴胡・山梔子 ⇒ 「加味帰脾湯」 です。

 

柴胡・山梔子が、自律神経の亢進による熱証、

イライラ、のぼせ、怒り、ほてり、胸苦しいなど

を鎮める目的で、加味されています。

  関連コンテンツ

スポンサーリンク