「胃腸虚弱」と「不眠」

この2つのキーワードで考えられる方剤に、「帰脾湯」(きひとう)があります

 

漢方的には

胃腸虚弱は「脾」の問題、

不眠は「心」に問題があります。

胃腸が弱いと、食べ物から栄養を十分に摂れず、気血が不足しやすいし、

一方、精神が不安定であると、「心」に影響がでやすい。

さらに、気血が不足していればその「心」を養うことができないし、

また、「心」の血が「脾」を養えなければ、胃腸の働きがますます低下する。

心脾両虚といいます。

 

体質的に脾(胃腸)が弱く、

食欲が少なくて、元気がでない、疲れやすい、

そこへきて

精神疲労で不安感、悲壮感、不眠が現れるという状態です。

帰脾湯は、「虚証」の不眠に使われる代表的な方剤です。

「脾」の気虚と、「心」の血虚、

いわゆる

「心脾・気血両虚証」で用いられる処方であります。

 

不眠が「心の血虚」の症状だとしても、

その根本には脾のはたらきの低下がある。

この場合、

「心」の問題を解決するのが目的であっても、

一度「脾」の問題に立ち帰って治療しましょう。

ということで「脾」に帰る、帰脾湯です。

 

 

帰脾湯の構成生薬

構成生薬をみてみますと、

黄耆・人参・白朮・茯苓・酸棗仁・竜眼肉・当帰・生姜・大棗・遠志・甘草・木香の12種類。

これを2つに分けて考えることができます。

 

①脾(脾胃)を改善する生薬

人参・白朮・茯苓・甘草・生姜・大棗 → これは補気の基本処方である「四君子湯」と共通、

つまり帰脾湯は、四君子湯がベースの方剤です。

黄耆 → 補気(補気によって、補血の効果も高まります)

木香 → 脾胃の気の流れをよくする(食欲を改善します)

 

心を安定させる生薬

当帰・竜眼肉 → 補血

酸棗仁・遠志・竜眼肉(・茯苓) → 精神安定

※竜眼肉は、心と脾をともに補うので、食欲不振を伴う不眠に適した生薬です。

 

よって

元気がない、疲れやすい、

眠りが浅い、夢をよくみる、物忘れが多い

という場合に適する内容となっています。

 

ちなみに、ですが

脾気虚のとき、

出血症状が起こりやすくなることがあります。(脾不統血)

鼻血、血尿、皮下出血など。

女性の場合では、不正性器出血、月経量が多い、

このようなときにも「帰脾湯」は使われます。

 

  関連コンテンツ

スポンサーリンク