甘麦大棗湯(かんばくたいそうとう)

甘草・小麦・大棗(ナツメ)というの3つの生薬の組み合わせでありまして、

特別に効能がつよい薬物が配合されているわけではないです。

しかし、ヒステリー様の症状には有効とされています。

 

 

子供の夜泣き、ひきつけ、チック

女性のヒステリー、更年期障害

の薬として使われることが多いですが、

不眠に対して成人男性が使っても問題ありません。

 

適応となるのは、

  • 食がほそい
  • あくびがよくでる

という「脾虚」があり、軽度の栄養不良状態で、

  • 寝つきが悪い
  • 眠りが浅い
  • ぼんやりしている
  • 情緒不安定

などという「心血虚」の症状です。

 

軽い栄養不良にともない、

脳の興奮と抑制の神経の過程が、失調している状態、

に対して、

甘草・小麦・大棗というのが、

栄養と滋潤の効果と、

精神安定、鎮静の効果で

症状を改善する、と考えられています。

  関連コンテンツ

スポンサーリンク