いろいろな遠志エキスの商品

2015年、単味生薬のエキス製剤の製造販売承認申請に係るガイダンスが厚労省から出され、

その中で効能が認められている、遠志(オンジ)の「中年期以降の物忘れの改善」というものに各社注目したようで・・・

ただの遠志(オンジ)だったものが、

ワスノン、

キオグッド、

キノウケア

そしてアレデル。

 

なんだかネーミング合戦になっているように感じますが、上記すべて中身は同じ、遠志(オンジ)エキスの製品です。

 

ただネーミングで言えば、

遠志(オンジ)という名前はそもそも、

い将来にまで(こころざし)をもつことができる、

つまり、未来への志を強く持って、精神的に前向きに頑張っていくことができる、ということなので、

生薬名の「遠志」そのものが、ネーミング的にはとても良いものだと個人的には感じます。

 

 

遠志(オンジ)の漢方的効能

遠志は、ヒメハギ科イトヒメハギの根です。

養心安神薬(ようしんあんしんやく)に分類される生薬で、酸棗仁(サンソウニン)などと同じ仲間に入ります。

加味帰脾湯(かみきひとう)や人参養栄湯(にんじんようえいとう)にも遠志が配合されています。

これらの漢方薬においても、遠志の配合されていることの重要性が科学的に検証されつつあります。

 

遠志の養心安神の作用とは、・・・

まず、中医学的には「心は神を蔵す」と言います。

神(しん)は、精神活動、意識の状態をつかさどっているものです。

もし意識がないのであれば、神が失われているので、いわゆる「失神」です。

「心は神を蔵す」ので、五臓の「心」に「神」が存在しています。

だから、もし「心」が弱くなると、意識や精神に異常が起こりやすくなります。

考えて判断したり、記憶したり、それにより行動をとったりが、きちんと行えなくなります。

不安になって動悸がしたり、落ち着かなくなったり、眠れなくなったり、眠れたとしても夢ばかりみて熟眠できなかったりもします。

そして、物忘れが増えたりする状態がみられるようにもなります。

そういう症状に対して使われる薬のひとつが養心安神薬です。

つまり養心安神薬とは、「心」を養うことによって、精神を安定させる薬、ということです。

比較的、虚証の方に用いられます。

 

精神的に不安定だったり、意識の集中が保てなかったりすることが原因で、記憶する-思い出す、脳の引き出しにしまう-取り出す、という機能が乱れる。

逆に、良い眠りで脳が休まり、精神的に元気になれば、それによって脳の働きも良くなる。

つまり記憶が整理されやすくなる。

だから遠志は、精神の安定のほか、健忘の改善に用いることができるというわけです。

 

ただし、お分かりだと思いますが、
漢方的に解説する場合と、西洋医学的なアルツハイマーのような認知症の治療薬の機序の解説とは根本的な考え方が異なります。
現代医学的な遠志の作用機序についての研究はまだまだ始まったばかりだと思いますので、商品パッケージや広告などを見ていると、例えば認知症の予防にも効果があるのか、例えば受験のための記憶力向上にも効果があるのか、など色々と気になってくるところでしょうけど、あくまでも現状で、市販の遠志に効能効果が認められているのは「中年期以降の物忘れの改善」だけですので、誤った使い方は避けて下さい。

 

一方で、遠志はまた、

同じくヒメハギ科のセネガと同様、サポニンを含有し、セネガシロップで知られるような去痰作用があります。

遠志も去痰薬として、痰が多い咳、気管支炎などの治療に使われることがあります。

 

注意点3つ

・遠志ですべての物忘れが改善されることはありません。

物忘れには、

加齢による生理的な物忘れ(良性の健忘)、初期の軽度の認知症、ストレス、うつ、またはそれ以外の原因による認知障害、さまざまな原因が考えれます。

日常生活に影響する問題でもありますので、心配な場合は早めに医療機関できちんとした診断を受け、必要な治療をされて下さい。

 

・遠志の製品の添付文書には、注意点として

「本剤の服用により、糖尿病の検査値に影響を及ぼすことがあります。」と書かれています。

血液検査の項目に、「1.5-AG」という血糖コントロールの指標を使う場合、遠志の服用による影響を考えなければいけません。

十全大補湯と人参養栄湯の違いとは←のページにもう少しきちんと書いています。

 

・また、遠志の性質としては、苦・辛・温で燥性なので

陰虚火旺(潤い不足で乾燥や熱感)のある場合は、遠志を単独で摂り過ぎるのは気を付けるべきだと思われます。

胃炎のときの服用も注意して下さい。

 

  関連コンテンツ

スポンサーリンク