竹筎温胆湯(ちくじょうんうんたんとう)は

発熱性の感染症(がこじれたとき)や気管支炎などに用いられるものですが、

咳や痰で安眠できないという不眠に対しても使うことがあります。

 

竹筎温胆湯の生薬の内容が、

「小柴胡湯」にも似た構成が入っていることからも

なんとなく理解できそうな気もします。

 

温胆湯(うんたんとう)の要素を含んでいるので

温胆湯と同じような不眠に代わりに使うことができます。

 

温胆湯のお話はこちらを読んでください。

 

 

が、温胆湯に比べると、応用範囲も広がります。

 

発熱性の疾患、

もしくは脳の興奮、自律神経系の緊張が、

しばらく続いてしまいますと、

身体の抵抗力、機能の低下や、

軽度の栄養・水分の不足を招きます。

 

竹筎温胆湯 = 温胆湯 + 柴胡・黄連・香附子・桔梗・麦門冬・人参

というふうにみてみます。

 

  • 柴胡・黄連 → 消炎、鎮痛、解熱
  • 柴胡・香附子 → 自律神経の調整
  • 桔梗 → 去痰
  • 麦門冬・人参 → 身体を潤す(滋潤)

これらの作用が、「温胆湯」に加わっています。

 

 

風邪のあと咳や痰がいつまでも続いて、

いらいら、のぼせ、で気分がスッキリせず安眠できないといった不眠、

または、感染症以外でも

(湿熱、痰熱の存在が見られれば、)

不安感から、不快で怖い夢をよくみる、

というような精神的症状の不眠についても竹筎温胆湯は使われます。

  関連コンテンツ

スポンサーリンク