桂枝(ケイシ)と桂皮(ケイヒ)は同じ植物の異なる部位を用いた生薬です。

クスノキ科の常緑高木の、

「桂枝」とは若い細枝またはその樹皮(直径1cm以下の枝を切断したもの)、

「桂皮」とは幹の皮(を一定の幅で剥ぎ取ったもの)です。

肉桂(にっけい)と呼ばれているのは「桂皮」とほぼ同じです。

※「肉」は、幹の皮が薄っぺらいものではなく、肉のように分厚いということを意味しているようです。

シナモンスティックと同じで良い香りがします。

葉の方は、先が伸びた楕円型で、太い葉脈がくっきり3本走っているのが特徴です。

漢方薬で使われる桂皮と、香辛料で使われるシナモン(セイロンケイヒ)は

同じ仲間(クスノキ科ニッケイ属)ですが、種としては違うものと考えられます。

(「日本ケイヒ」のことを指して「ニッケイ」といわれるものは、根の皮を使っています。)

 

通常、植物の部位が異なれば、含まれる成分も効能も違うと考えますので、

中医学においてははっきり区別しています。

薬を効能別に分類した教科書では、載っている項目からして違い、全く別の薬であるかのような扱いです。

が日本の局方には「ケイヒ」(肉桂)の規定しかありません。

エキス製剤ではメーカーにもよりますが「桂枝」と「桂皮」の使い分けがあいまいなところがあります。

よって桂枝湯なのに桂皮を使っているの?という疑問には必ず遭遇してしまいます。

 

 

桂枝

・・・桂皮に比べると作用は穏やかですが、解表作用(体表を温める)をもつといわれます。麻黄や生姜などと同じ分類に入ります。

そのため、発汗作用をメインに使う方剤では、「桂枝」が適します。

桂枝湯・麻黄湯など。

その他、経脈を温め気血の流れをよくする作用のあるため、温経湯(うんけいとう)に配合されたり、

利水薬の働きを強めるために、五苓散や苓桂朮甘湯などに使われています。

 

桂皮(肉桂)

・・・作用が強く、温裏薬として、附子や乾姜などと同じ分類に入ります。

体内から温めたい場合は、「桂皮」(肉桂)を使用した方がいいとされます。

八味地黄丸・十全大補湯・人参養栄湯など。

例えば、桂枝が使われる方剤であっても、冷えが強い場合、桂枝を肉桂に代えると良いこともあります。

 

勉強するときの注意点

参考書やネットで漢方薬を調べるとき、

中医学の伝統を汲んでいる書物や、中医学を習得された方は、

おそらく絶対に「桂皮」と「桂枝」は区別して書き分けています。

逆に日本漢方では「桂皮」と「桂枝」を区別しないことが多いので、

ということは意識されていないこともあるので、

単に「桂皮」と書かかれているとき、

「桂枝」でも「桂皮」でも区別なくどちらでもいいよ、という場合や、

「桂枝」じゃなくてあえて「桂皮」なんだよ、という場合や

もしくは、違いなんてあるのか分からないけど局方品を使っているからそもそも「ケイヒ」しかないでしょという場合

等様々あると思います。

著者の考え方によると思います。

正しく理解するにはその点を意識して読む必要があります。

が、「肉桂」と書いていれば、明確に、枝ではなくて幹の部分を使ったものなのだと判断できます。

(このブログでは、一応は書き分けていきます。『中医処方解説』(神戸中医学研究会) などを参考にしています。)

 

なぜ、使い分けがあいまいなのか、

歴史的にはある時期を境にして、(いわゆる流派によって)使い分けが改められていることなどもありますが、

理由の一つには、

昔の書物というのは、コピー機などありませんから、一文字ずつ書き写す必要があったわけで、

その写した人によって、似た文字において写し間違いが生じているとのことです。

「胃」と「骨」などの間違いであれば、文脈から気付けますが、

「枝」と「皮」の字体も実はよく似ていて混同が起きている可能性があるということです。

後の人が、間違えていると思って正しいものまで誤修正されたり、オリジナルがどちらか分からない部分もあるようです。

 

しかし、どちらが正解なのかということではなく、それぞれの効能を把握して、症状に応じて使い分けられるようにしておくのが正しい道だと思います。

補足

どちらも体内の熱を盛んにするので、陰虚証では避けた方がいい生薬です。

 

部位と効能の対応関係

人が立って両腕を上方または左右の方へ伸ばしている姿を思い浮かべて頂いて、

その人と同じ大きさの樹木が上方または左右に枝葉を伸ばしている様子とを重ねて頂くといいのですが、

そうすると、枝の部分、つまり「桂枝」は、人の上部、頭部、体表部に、

木の幹の部分、つまり「桂皮」は、人の体幹部分に重なります。

「桂枝」の作用も主に、人の上部、頭部、体表部に、

「桂皮」の作用も主に、体の内側に効くことを期待して使いますので、

木の部位と、人への作用点が一致していることになります。

体の作用させたい部位に応じて、使用する部位を変えれば良いというのは古くからある考え方です。

単なるこじつけと考えるかどうかはあなた次第ですが。

 

  関連コンテンツ

スポンサーリンク