「半夏白朮天麻湯」(はんげびゃくじゅつてんまとう)はめまいや頭のふらつきによく使われている処方です。

構成する生薬の数が多い方剤です。

半夏・天麻・白朮・党参(人参)・黄耆・茯苓・沢瀉・蒼朮・陳皮・(神麴)・麦芽・黄柏・乾姜(・生姜)と一応書いておきます。

メーカーにより若干配合が異なるかもしれないので。

配合が複雑なのですが、処方名が示しているように、半夏・白朮・天麻が主薬となっています。

おおまかに生薬をくくり、この方剤の特徴を説明します。

 

 

〈半夏・茯苓・生姜〉が含まれます⇒

「小半夏加茯苓湯」(しょうはんげかぶくりょうとう)です。吐き気・悪心を抑えます。(めまいの発作が起きているときには通常、吐き気を伴いますので。)

〈半夏・茯苓・陳皮・生姜〉が含まれます⇒

甘草を加えると「二陳湯」(にちんとう)になる組み合わせです。

異常な水液(痰飲)を取り除きます。

〈白朮・人参・半夏・茯苓・陳皮・生姜〉が含まれます⇒

大棗と甘草を足すと「六君子湯」(りっくんしとう)になる組み合わせです。

胃腸虚弱の人に使う処方です。

〈茯苓・白朮・沢瀉〉が含まれます⇒

「五苓散」(ごれいさん)や「当帰芍薬散」(とうきしゃくやくさん)などと共通の組み合わせです。

水毒を解消することで、めまいやふらつき、頭痛、頭重感を改善します。

〈天麻〉が含まれます⇒

めまい、ふらつき、頭痛、悪心などに対する効果を強化しています。

エキス製剤としては、半夏白朮天麻湯くらいにしか使われていません。

〈黄柏〉が含まれます⇒

苦味健胃薬です。清熱・燥湿(湿性を抑える)の効果があります。

天麻・沢瀉以外は、ほぼ温性の薬であるので、寒性の黄柏で調整する目的があるようです。

〈麦芽・神麴〉が含まれます⇒

消化酵素を含む生薬です。消化吸収の働きが悪くて食欲がない人のために配合されているようですが、エキス製剤においては、製造過程で酵素の働きは失活するため、あまり意味をなさないと言われます。

しかし、消化酵素の配合を考慮しなければいけない程の脾気虚の状態、に対して使う処方だということがわかります。

 

以上のような特徴がある方剤であります。

脾気虚によって、水液代謝がわるくなると、水液が体内に(水飲として)停滞します。

この水飲による影響でめまいが起こると、同時に頭重感・悪心・嘔吐などがみられます。

このように、普段から胃腸の弱い人が、例えば生活や天候の変化によって、

めまい・頭痛、嘔吐が起きたときに半夏白朮天麻湯が使われます。

メニエール症候群に使われることもあります。

血虚や陰虚など、もともと乾燥の傾向がある人は使えません。

 

  関連コンテンツ

スポンサーリンク