辛夷(シンイ)を配合する漢方薬

鼻づまりなどの鼻の症状に使う生薬といえばまず「辛夷」(シンイ)

モクレンの花蕾(つぼみ)で、

カゼや副鼻腔炎の鼻水・鼻閉・頭痛に対して配合されます。

特に、鼻の通りを良くする効果が期待されています。

「辛夷」の使った漢方薬としては、その名前が入った、「葛根湯加川芎辛夷」と「辛夷清肺湯」が代表されます。

ということで、

この2つを使うときのポイントをまとめます。

 

 

葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)

「葛根湯」に、頭痛に効く「川芎」と、鼻づまりに効く「辛夷」を加えたもの

・鼻づまりで頭痛する人に使われます。

・基本は葛根湯なので、(悪寒・発熱・頭痛を伴う)急性期の症状に使われることが多いです。

・慢性化してしまったときでも使われますが、鼻茸(鼻ポリープ)ができているときには、「辛夷清肺湯」の方がいいです。

・葛根湯と同様、項背部の強張りがあり、無汗のときに用います。

麻黄と甘草が含まれているので、それによる副作用症状に気をつけてください。

 

辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)

名前に「清肺」という言葉が含まれるので、肺(呼吸器:この方剤の場合は主に鼻)の炎症や熱を清する(鎮める)効果が期待されています。

・やや慢性化した副鼻腔炎症状にも使われます。

・鼻が赤い、鼻に熱感がある、鼻の粘膜がヒリヒリ痛い、のどの痛みもある、などがあれば使われます。

・清熱(冷やす)作用のある方剤なので、冷え症の人にはあまり適しません。

・麻黄や甘草が含まれないので、「葛根湯加川芎辛夷」が使えないときに代わりとして選択できます。

・ただし胃腸の弱い人は長期間の服用は避けてください。
(胃腸をフォローする漢方薬を併用した方がいいかもしれません)

 

その他


鼻づまり(鼻閉)がひどいときなどは、

「葛根湯加川芎辛夷」と「辛夷清肺湯」とを合わせて処方されることも、場合によってはあり得ます。


この2つの方剤以外にも、鼻づまりに応用される方剤は色々とあると思いますので、

実際に服用するときには臨機応変にお願いいたします。

 

季節の変わり目に、爽快感を得たい時におすすめ

 

副鼻腔炎なら治りにくいかも

鼻づまりが、副鼻腔炎・蓄膿症によるもので、頭痛や味覚異常まで伴ってくるとき

上記の2つでも治りにくいことがあります。

そこで、漢方では、「肺」の治療において、まず「脾」の働きから改善しておく方法が採られることがあります。

そのため、六君子湯など胃腸系の漢方薬の併用を考慮されることがあります。

また、個人的意見として

できることなら、病院で診察を受けて、

抗生物質(セフェム系や、マクロライド系が使われることが多い)を処方してもらって併用する方が確実かもしれません。

  関連コンテンツ

スポンサーリンク