「立効散」(りっこうさん)とは

「立効散」は主に、虫歯による歯の痛み、抜歯後の痛み、歯肉炎など、歯科系の痛みで使われる漢方薬です。

立効散の「立」が、

すぐさま、たちまち、直ちに、即座に、というような意味合いだとすれば

そのまま「すぐに効く薬」というとても分かりやすいネーミングがされています。

鎮痛剤としての即効性を期待して使われる処方です。

歯の痛みの緊急時に、医療用製剤ではツムラのエキス顆粒の110番といえば、立効散です。

頓服で用いられます。

 

 

立効散のポイント

構成生薬は、

細辛・防風・升麻・竜胆(草)・甘草です。

 

細辛・防風・升麻はどれも鎮痛作用があります。

なかでも細辛は鎮痛効果のつよい生薬です。

竜胆・甘草は、消炎の働きがあります。

したがって、鎮痛・消炎のための処方となっています。

 

特に口の中の痛み対して効果があると言われていますが、その目的のためには、すぐに飲み込んではいけません。

歯痛、抜歯後の痛みに対しては、服用する際、

しばらく口に含んで局所に浸潤させるようにします。

そうすれば、細辛の麻酔効果でもってすぐに痛みが消える、とされています。

細辛の辛味で、口の中にピリピリという、しびれ感がその後しばらく残ります。

 

生薬の寒熱の性質をみると、

細辛→温性
防風→微温性

甘草→平

升麻→微寒性
竜胆→寒性

でうまくバランスがとれており、寒熱の体質によらず使えます。

 

ただし、立効散の効果はあくまでも対症療法です。これで虫歯などが治るわけではありません。

歯の痛みは根本的治療が必要です。

とりあえず、歯医者さんには通いましょう。

 

  関連コンテンツ

スポンサーリンク