「薏苡仁湯」(よくいにんとう)は、

組織に水がたまり症状が悪化する関節痛に用いられます。

 

水分の停滞(浮腫)があると、そこの部分に血行障害が生じてきます。

すると、栄養の供給が不足することになるため、筋肉のけいれんも起こりやすくなります。

中医学的には「湿痺」という状態です。

特徴としては、しびれ感と重だるい感覚です。

 

 

「薏苡仁湯」の構成生薬は、

麻黄、桂枝、甘草、芍薬、当帰、蒼朮、薏苡仁です。

 

下線部の麻黄・桂枝・甘草・芍薬は、「麻黄湯」(まおうとう)から杏仁を除いたもの。

インフルエンザのような高熱時で、ふしぶしが痛くなる症状に「麻黄湯」が使われることがあります。

麻黄・桂枝は、発汗作用により浮腫を除きます。

甘草・芍薬は、筋の痛みやけいれんを緩和します。

 

蒼朮・薏苡仁は、利水作用により組織の浮腫を除きます。

薏苡仁には消炎作用もあり、患部に熱感のある痛みや腫れに有効です。

当帰・芍薬は、補血作用で、神経や筋肉に栄養を与えます。

 

(送料等無料!)ヨク苡仁湯(細粒)500g(よくいにんとう)

 

「麻杏薏甘湯」(まきょうよくかんとう)が、初期のしびれ感に使われるのに対して、

「薏苡仁湯」は、どちらかというと、やや慢性化した疼痛に適応となります。

 

  関連コンテンツ

スポンサーリンク