立効散(りっこうさん):RS

立効散は主に、虫歯による歯の痛み、抜歯後の痛み、歯肉炎など、歯科系の痛みに対して使われている漢方薬。

医療用の立効散にも「歯痛・抜歯後の疼痛」の効能効果がついていますので、歯医者さんでも処方されます。

逆に歯の痛み以外での使用はあまり見かけないかもしれません。

立効散の「立」が、

すぐさま、たちまち、直ちに、即座に、というような意味合いだとすれば

そのまま「すぐに効く薬」というとても分かりやすいネーミングがされています。

効き目に立直(リーチ)!という感じ。

鎮痛剤としての即効性を期待して使います。

歯の痛みの緊急時に、医療用エキス製剤ではツムラの110番といえば、立効散です。

基本は頓服で使用。ただし、普通に服用してはいけません。

 

 

立効散の配合(構成する生薬)

  • 細辛(サイシン)
  • 防風(ボウフウ)
  • 升麻(ショウマ)
  • 竜胆(リュウタン)
  • 甘草(カンゾウ)

立効散の効能・適応症状

歯痛、抜歯後の疼痛

歯齦(歯ぐき)の痛み、歯肉炎、歯茎の出血

舌痛症、舌咽神経痛

そのほか口腔内の腫脹・疼痛

頭痛、片頭痛

  • 保険適応外の症状を含みます。
  • 上記の症状に応用が可能という意味であり、すべての症状が立効散で治せる、ということではありません。

立効散の生薬の解説

細辛・防風・升麻・竜胆はどれも鎮痛作用があります。

なかでも細辛は鎮痛効果のつよい生薬です。

竜胆・甘草は、消炎の働きがあります。

すべて、消炎鎮痛が主目的の生薬構成です。

細辛・防風・升麻などは、歯の痛みに限らず、頭の痛みにも用いられる生薬です。

 

生薬の寒熱の性質をみると、

細辛→温性
防風→微温性

甘草→平

升麻→微寒性
竜胆→寒性

でうまくバランスがとれており、寒熱の体質によらず使えます。

 

あと中医学的には、歯ぐきや前頭部には、陽明経の経絡が巡っているので、

竜胆や細辛が、陽明経の経絡の気の流れを改善して痛みが起こらなくなる、と説明することもできるようです。

立効散の飲み方

細辛を直接かじったことのある人には分かると思いますが、例えば山椒が効いた本格的な麻婆豆腐を食べたあとのような、口の中がピリピリと麻痺した感覚がしばらく残ります。

升麻・竜胆も苦い味で、感覚を鈍らせます。

つまり、

立効散には消炎鎮痛作用があるわけですが、

口の中の、局所麻酔的な効果も期待できる配合になっているのです。

特に口の中の痛み対して使うのであれば、すぐに飲み込んでしまってはいけません。

しばらく口に含んで患部に直接浸潤させるようにします。

そうすれば、細辛などの麻酔効果でもって“すぐに”痛みが消える、というわけです。

お湯に溶かしたものを熱いまま口に入れると、熱さで痛みが増すおそれがあります。

冷ましたものを少しずつ服用して下さい。

またはエキス顆粒を直接口にいれて、そのままにしておくのも良いかと思います。

立効散使用時の注意点

気や血を補ったり、体質を改善したりするものではありません。

基本は、鎮痛剤として、頓服で用います。(一般的なロキソニンのような痛み止めとの併用は可能です)

立効散の効果はあくまでも対症療法です。これで虫歯などが治るわけでもありません。

歯の痛みは根本的な治療が必要です。

とりあえず、きちんと歯医者さんには通いましょう。

 

  関連コンテンツ

スポンサーリンク