小柴胡湯(しょうさいことう):SSK

感染症の初期段階を過ぎ、進行過程でみられる少陽病(半表半裏証)に対する代表処方です。

柴胡・黄芩からなる柴胡剤の基本処方となります。

幅広い適応があり、他の漢方薬と併用して用いられることも多いです。

医療用エキス製剤では、東洋・JPS・オースギ・クラシエ・コタロー・サカモト・ジュンコウ・ツムラ・テイコク・マツウラ・三和・太虎堂・本草、各社から出ていて、

オースギとクラシエには錠剤タイプもあります。

 

 

小柴胡湯の出典

傷寒論・金匱要略(3世紀)

小柴胡湯を構成する生薬

柴胡(サイコ)
黄芩(オウゴン)
半夏(ハンゲ)
生姜(ショウキョウ)
大棗(タイソウ)
人参(ニンジン)(または竹節人参)
甘草(カンゾウ)

小柴胡湯の効能・適応症状

長引いているカゼ、気管支炎、肺炎などの急性熱性疾患が遷延したときの症状(微熱、食欲不振、だるい、悪心、吐き気、めまい、口中不快など)

諸種の急性熱性病

肺炎、気管支炎、気管支喘息、胸膜炎、インフルエンザ

慢性肝炎、肝機能障害、慢性胃腸障害

腎炎、扁桃炎、咽頭炎、中耳炎、耳下腺炎、リンパ腺炎、蕁麻疹、その他の炎症性疾患、化膿性疾患

肺結核などの結核性諸疾患の補助療法

突発性難聴

産後の回復不全

自律神経失調症、神経性胃炎、胃・十二指腸潰瘍

  • 保険適応外の症状を含みます。
  • 上記の症状に応用が可能という意味であり、すべての症状が小柴胡湯で治せる、ということではありません。

小柴胡湯の使用のポイント

適応は非常に幅広く、急性疾患から慢性疾患まで様々な症状に使われる処方です。

主には炎症性の疾患に使われますが、精神的なストレス性(肝気鬱結)の疾患に対しても効果があります。

『傷寒論』においては少陽病の代表処方で、胸脇苦満・往来寒熱・気分が悪くて吐き気がし、食欲がなくなる等の症状が「小柴胡湯」証の特徴として挙げられます。

胸脇苦満:胸(みぞおち)~脇にかけて痛くなったり苦しかったりする
往来感熱:熱が下がると悪寒がする、悪寒が止むと熱が出る、を繰り返す
(悪寒と発熱が同時なのは太陽病、感染症の初期の特徴)

少陽病のときは、発汗させる方剤や、瀉下させる方剤は使わず、小柴胡湯で和解させます。(小柴胡湯で和解するとは

小柴胡湯の関連方剤

扁桃炎などに用いられる「小柴胡湯加桔梗石膏」(ツムラ109番)は、小柴胡湯(9番)に桔梗と石膏を加えたものです。

小柴胡湯に、五苓散を合わせたものが「柴苓湯」(さいれいとう)、

半夏厚朴湯を合わせたものが「柴朴湯」(さいぼくとう)、

桂枝湯を混ぜると「柴胡桂枝湯」(さいこけいしとう)であり

「柴陥湯」(さいかんとう)は、小柴胡湯プラス「小陥胸湯」(しょうかんきょうとう)です。

製剤にはありませんが、小柴胡湯と平胃散を合わせると「柴平湯」(さいへいとう)となります。

小柴胡湯の副作用・注意点

インターフェロンとの併用は禁忌とされています。

なぜか上記の「柴胡桂枝湯」や「小柴胡湯加桔梗石膏」など小柴胡湯の合剤はインターフェロンとの併用が禁忌にはなっていません。しかし同様に気を付けて下さい。

慢性肝炎、肝硬変、肝がんの患者に使用されたとき、ごくまれに間質性肺炎が起こる可能性があるといわれています。

服用中に発熱・咳嗽・呼吸困難があらわれた場合には早めの対応を。

間質性肺炎は、小柴胡湯による副作用としてよく知られていますが、西洋薬と比べても発生頻度は高いわけではありません。証を考慮せずに慢性肝炎に病名投与されていたことが一因だと言われています。

高齢者、著しく体力が低下している人に(長期に)使用する場合は特に証を十分考慮する必要があります。(燥性の方剤なので陰虚証、陰虚火旺証には用いません。)

甘草が含まれます。他の処方と併用するときは甘草の重複による副作用の発現にも注意が必要です。

  • 用法用量や使用上の注意は、医師・薬剤師の指示、または添付文書の説明を守ってください。

小柴胡湯の関連ブログ記事

 

漢方薬一覧ページに戻る

 

  関連コンテンツ

スポンサーリンク