桂枝湯(けいしとう):KST

中国の最古の医学書といわれる『傷寒論』の一番最初に登場する、漢方の最も基本となる処方。

この桂枝湯をもとにして、多くの方剤が組み立てられています。

表寒の表虚証に対する基本処方になります。

主に、比較的体力が低下していて自然発汗(自汗)のある初期のカゼに用いられます。

急性熱性疾患(初期の感冒)においては、「自汗がある」というのが表虚証であることの一つの判断基準になっており、

この点で、無汗で表実証に用いられる「葛根湯」「麻黄湯」とは区別されます。

医療用エキス製剤は、オースギ・コタロー・ツムラ・テイコク・マツウラ・本草・JPSなどから多数出ています。

 

 

桂枝湯の出典

傷寒論、金匱要略(3世紀)

桂枝湯を構成する生薬

桂枝(ケイシ)※
芍薬(シャクヤク)
甘草(カンゾウ)
生姜(ショウキョウ)
大棗(タイソウ)

※エキス製剤では桂皮(ケイヒ)のことが多いです。

桂枝湯の効能・適応症状

自然発汗があるカゼの初期(急性の症状)

悪寒を伴う発熱、のぼせ

悪風(風にあたったり肌を露出すると寒気を感じる)

軽い咳・軽い鼻づまり(鼻閉)・鼻水・くしゃみ

皮膚の痒み、じんましん

頭痛・身体痛・神経痛・筋肉痛・関節リウマチ

神経衰弱、自律神経失調症

  • 保険適応外の症状を含みます
  • 上記の症状に応用が可能という意味であり、すべての症状が桂枝湯で治せる、ということではありません。

桂枝湯の使用のポイント

カゼの初期、悪寒は軽度だけど、発熱のときは必ず悪寒をともなう、というときに適します。

汗の出やすい人(虚弱者)向きの方剤です。

感冒の初期、すでに軽度の発汗があり、額や背中がしっとり汗ばんでいる人です。

葛根湯や麻黄湯を使うと(麻黄が含まれているため)、汗が出過ぎたり、動悸がしたり、胃がムカムカしたりするような、虚弱な方に用いられます。

また、妊婦さんや小児のカゼに使われることがあります。

適度な発汗を促すため、服薬するだけではなくて、温かいうどんや粥などを食べて、体を温めるようにした方がより効果的です。

より虚弱な方、小児や高齢者では、芍薬の量を増やして「桂枝加芍薬湯」(けいしかしゃくやくとう)が用いられることがあります。

桂枝湯の副作用・注意点

じっとりと汗をかいて、熱や頭痛などの症状が治まったら服用をやめて構いません。

汗をかいた後は、冷たい風に当たらないようにしましょう。

ごくまれに桂枝で皮疹(過敏症)が起こることがあります。

風邪以外に用いるときは、長期の服用が必要なこともあります。

長期に服用するときや、他の漢方薬と併用するときは、甘草による副作用に気を付けて下さい。

桂枝湯の医療用エキス製剤で、関節リウマチや神経痛、関節痛、神経衰弱など、風邪以外への適応症がついているのはコタローのものだけです。

  • 用法用量や使用上の注意は、医師・薬剤師の指示、または添付文書の説明を守ってください。

代表的な桂枝湯の加味方

桂枝加黄耆湯、桂枝加葛根湯、桂枝加芍薬湯、桂枝加芍薬大黄湯、桂枝加厚朴杏仁湯(桂枝厚朴杏子湯)、桂枝加竜骨牡蛎湯、桂枝加朮附湯、桂麻各半湯、小建中湯

桂枝湯関連のブログ記事

漢方薬一覧ページに戻る

 

  関連コンテンツ

スポンサーリンク