桂芍知母湯(けいしゃくちもとう):KSCT

別名:桂枝芍薬知母湯(けいししゃくやくちもとう)

大半を温める作用のある生薬で構成しながら、炎症や熱感を冷ます作用のある知母(ちも)を加えてあります。

寒湿痺の熱痛に対する方剤、

つまり、関節痛や関節リウマチで、体質的には冷えにより浮腫があるものの、患部には熱感をもつ場合に使われる方剤です。

医療用エキス製剤では、「三和桂芍知母湯」のみです。

 

 

桂芍知母湯の出典

金匱要略(3世紀)

桂芍知母湯を構成する生薬

桂枝(ケイシ) ※エキス剤では桂皮(ケイヒ)
芍薬(シャクヤク)
甘草(カンゾウ)
麻黄(マオウ)
白朮(ビャクジュツ)または蒼朮(ソウジュツ)※エキス剤では白朮
生姜(ショウキョウ)
知母(チモ)
防風(ボウフウ) ※医療用エキス剤では浜防風(ハマボウフウ)
附子(ブシ) (※加工ブシ)

桂芍知母湯の効能・適応症状

関節痛、関節炎、関節リウマチ、変形性関節症

  • 保険適応外の症状を含みます。
  • 上記の症状に応用が可能という意味であり、すべての症状が桂芍知母湯で治せる、ということではありません。

桂芍知母湯の使用のポイント

患部が腫れていたり、熱を持っていたりする関節痛に使われます。

痛みとともに、風湿(湿気)が滞ることで、めまい、悪心、動悸などを伴っていることも特徴です。

「湿痺」とは、組織に浮腫があり、それによって経絡の流れが悪く、血行障害や筋肉の痛みが生じているものです。

体力がなく、体が痩せている場合、鶴の脚のように、大腿や下腿は細いのに膝だけむくんで腫れている状態で痛み(「鶴膝風」といいます)があります。

患部は熱を持っていますが、全身的には冷えがあり、冬場や寒さによって症状が悪化することがあります。

よって、患部は冷やした方が良いですが、からだは冷やさない方が良いです。

桂芍知母湯の副作用・注意点

麻黄による副作用(悪心、食欲低下、不眠、動悸、血圧上昇、排尿障害など)の発現に気を付けなければいけません。

胃腸虚弱な方にはあまり適していません。汗かきの人にもあまり用いられません。

甘草が含まれます。関節リウマチには長期間処方されることもありますので、偽アルドステロン症に注意が必要です。

原典では、風邪(ふうじゃ)を追い出すために防風(ボウフウ)を用いています。医療用エキス製剤で使われる浜防風(ハマボウフウ)は祛風湿の働きは弱いですが、代わりに鎮痛作用があります。

  • 用法用量や使用上の注意は、医師・薬剤師の指示、または添付文書の説明を守ってください。

桂芍知母湯の関連ブログ記事

 

漢方薬一覧ページに戻る

 

  関連コンテンツ

スポンサーリンク