桂麻各半湯(けいまかくはんとう):KMK

「桂枝湯」(けいしとう)と「麻黄湯」(まおうとう)をそれぞれ1対1で(半量ずつ)合方した処方です。

別称:「桂枝麻黄各半湯」

医療用エキス製剤では、東洋のみから出されています。

 

 

桂麻各半湯の出典

傷寒論(3世紀)

桂麻各半湯を構成する生薬

麻黄(マオウ)
杏仁(キョウニン)
甘草(カンゾウ)
桂枝(ケイシ)
芍薬(シャクヤク)
大棗(タイソウ)
生姜(ショウキョウ)

桂麻各半湯の効能・適応症状

カゼの初期の急性熱性症状(悪寒・悪風・発熱・頭痛など)

のどの痛い(チクチクする)カゼ、こじれたカゼ、感冒の発汗後に出る痒み

インフルエンザで自然発汗のあるとき

咳嗽、喘息

寒冷の刺激で出現する風寒型の蕁麻疹

湿疹、皮膚炎、風疹、麻疹、種々の皮膚掻痒症(赤くなる皮膚の痒み)

  • 保険適応外の症状を含みます。
  • 上記の症状に応用が可能という意味であり、すべての症状が桂麻各半湯で治せる、ということではありません。

桂麻各半湯の使用のポイント

桂枝湯と麻黄湯の両方の症状があるときに使えます。

症状としては、咳・発熱・悪寒・関節痛だけど、麻黄湯を使うほどひどくはないとき。

痒みのあるときにも適します。(痒みの場合は、発熱や頭痛がなくても使われることがあります。)

桂麻各半湯の副作用・注意点

麻黄が配合されているので、不眠、動悸、血圧上昇、排尿障害などの副作用に気を付けなければいけません。

特に高齢者や、狭心症や心筋梗塞など心疾患のある方は注意が必要です。

桂枝湯:麻黄湯の割合は1:1が良いというわけではなく、

症状や、悪寒・発汗の程度に応じて、桂枝湯と麻黄湯を使って、配合割合を調整しても構いません。

  • 用法用量や使用上の注意は、医師・薬剤師の指示、または添付文書の説明を守ってください。

桂麻各半湯関連のブログ記事

 

漢方薬一覧ページに戻る

 

  関連コンテンツ

スポンサーリンク