麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう):MKKS

「麻黄杏仁甘草石膏湯」ともいいます。

肺熱の咳嗽・呼吸困難に対する基本処方とされます。

「麻黄湯」の桂枝の代わりに石膏を入れたものに相当します。

医療用エキス製剤では、オースギ・コタロー・ジュンコウ・ツムラ・テイコク・マツウラ・本草などがあります。



麻杏甘石湯の出典

傷寒論(3世紀)

麻杏甘石湯を構成する生薬

麻黄(マオウ)
杏仁(キョウニン)
甘草(カンゾウ)
石膏(セッコウ)

麻杏甘石湯の適応症状

喘息発作、小児喘息、気管支喘息

熱感や口渇をともなう気管支炎、粘稠痰

肺炎、百日咳などの咳の症状のある疾患

咳のかぜ、乳幼児のかぜ

炎症性の皮膚疾患

痔核の腫脹や疼痛、睾丸炎

  • 保険適応外の症状を含みます。
  • 上記の症状に応用が可能という意味であり、すべての症状が麻杏甘石湯で治せる、ということではありません。

麻杏甘石湯の使用のポイント

激しい咳に対して使われることが多い処方です。

喘息発作には頓服で使われます。

体力が十分にあり、胃腸が丈夫な人向きの漢方薬です。

「麻黄と石膏」の組み合わせは、肺熱を冷やして発汗を止めます。

発熱はないが、熱感、発汗・口喝があり、粘っこい痰を伴う咳がある場合によく適します。

咽痛・咳嗽が非常に激しいときは、さらに桑白皮を加えた「五虎湯」が用いられます。

基本的には、咳や喘息に対する漢方薬ですが、まれに痔に対して処方されることがあります。

麻杏甘石湯の注意点

寒性が強いので冷えのある人、体力のない人には向きません。

高齢者など乾燥体質の人の場合は、滋陰剤が必要であり、あまり使われません。

麻黄による不眠、動悸、胃部不快感に注意して下さい。

麻黄を含むシンプルな構成で、効き目がシャープな漢方薬です。長期の服用で、吐き気などの胃腸障害が起こることがあります。その時は他の漢方薬(二陳湯など)を併用することや、薬の変更などを検討して下さい。

  • 用法用量や使用上の注意は、医師・薬剤師の指示、または添付文書の説明を守ってください。

一般用医薬品(市販薬)の麻杏甘石湯の例

麻杏甘石湯の関連ブログ記事

 

漢方薬一覧ページに戻る

スポンサーリンク