漢方薬・生薬認定薬剤師が漢方薬のことをわかりやすく解説します。漢方薬を使ってみたいと思っているかた、これから漢方薬を勉強しようとお考えのかた、みなさんが薬局やドラッグストアで漢方薬を選ぶときなどに(薬剤師さんや登録販売者さんも、)参考にしてください。

漢方薬Q&A

  • HOME »
  • 漢方薬Q&A

漢方薬についてのよくある疑問・質問のページです。

漢方薬についてもうちょっと知って欲しいということも書いていきます。

漢方とは? 漢方と漢方薬の違いは?

漢方とは医学や医術のことで「漢方医学」を意味します。漢方で用いる薬のことを「漢方薬」といいます。ただし、漢方医学で用いる処方という意味で「漢方」が使われていることもあります。江戸時代に日本に入ってきた「蘭方」と対比させるための「漢方」でもあります。あいまいな使い方がされるので文脈で判断してください。

中医学と漢方の違いは?

中国の伝統医学のことを中医学といい、中医学で用いる薬は中薬といいます。漢方は、もとは中国から伝えられたものですが、その後日本で独自に発展した日本の医学です。「漢字」と同じように、日本と中国では似ているようで結構違っています。

東洋医学とは?

中国発症の伝統医学のことを東洋医学といいます。漢方も東洋医学に含まれます。また広い意味では、インドのアーユルヴェーダやチベット医学などアジアの伝統医学全般をひっくるめて東洋医学とよぶ場合があります。

生薬(しょうやく)とは?

「植物・動物・鉱物など天然のもので、薬としての作用をもつ部分」のことです。例えば葛根(カッコン)は葛(クズ)という植物の「根」が生薬です。葛粉(くずこ)は食品ですが、生薬として葛根を扱うなら薬です。生薬も『日本薬局方』という医薬品の規格基準書に、その性状や品質について細かく規定されています。

和漢薬とは?

和薬と漢薬を合わせたもの、つまり日本の薬と中国の薬を合わせたものという意味です。実際、日本の薬と中国の薬の区別が難しいものがたくさんあるので通常合わせて和漢薬といいます。一般的には和漢薬に相当するものは「生薬」とほぼ同じものだと言えますが、生薬という場合よりも若干、日本の民間薬なども含めるというニュアンスで使われているのかもしれません。


漢方薬はいつ服用するのがいい?

医療用の漢方薬は、保険の関係上、食前や食間の指示で処方されるのが一般的です。しかし、いつ服用すべきかとなると、状況によると思いますので薬をもらう際に確認されて下さい。空腹時が良いと言われますが、必ずしもそうだとは言い切れません。

関連ブログ記事⇒漢方薬は食前か?食後か?に対する正しい答えはありません。

漢方薬(エキス剤)はお湯に溶かして服用しないといけないですか?

体を温めるために服用する漢方薬は、お湯で飲むことで理にかなうと思います。その他は、ご自身の飲みやすい方法で服用しても構いません。⇒関連ブログ記事へ

漢方薬はどのような症状に効果的ですか?

関連コラムへ

痩せられる漢方薬はありますか?

わざわざ漢方薬を飲まなくても、理論上は食事療法と運動療法と固い意志で痩せられます。

エキス製剤よりも煎じ薬の方が効果が高いのですか?

ラーメンに例えるなら、スープにこだわったラーメン屋さんのラーメンか、インスタントラーメンかの違いです。空腹を満たしてくれるラーメンであることに変わりありません。全国どこでも手に入るラーメンで満足するか、究極の1杯を追い求めるか次第です。ラーメン屋さんに「インスタントラーメンより美味しいですか?」と聞くようなものです。

エキス製剤のメリットについて⇒関連コラムへ

漢方薬にも副作用はありますか?

いろいろとあります。⇒関連コラムへ

病院で処方された漢方薬が自分に合っているのかどうか分からないのですが?

処方意図や分からないことについては処方医に尋ねるのが確実です。「処方した医師が漢方薬に詳しくないから」という声が度々聞かれますが、漢方薬に詳しくなくても医師としてはプロなわけで、あなたの体のことはあなたを直接診察した医師がよく分かっているはずです。効いていないと思うなら「効いていないと思う」と診察時に伝えていいと思います。

病院でもらう漢方薬と、市販の漢方薬は同じですか?

名前が同じ漢方薬なら、得られる効果も大体同じはずです。ただし市販薬の方が成分の含量が少ない場合があります。医療用だけで認められて市販はされていない漢方薬もありますし、医療用には無く市販でしか手に入らない漢方薬もあります。

漢方薬によって小児が使用できる年齢に違いがあるのはなぜ?

使用した経験量の差だと思われます。小児の使用年齢に制限がある漢方薬は、小児に使ってはいけない成分が含まれているというわけではなく、小児に使った場合にどうだったのかという十分な情報がないということです。

利尿薬と利水剤の違いは?

利尿剤は、単純に尿量を増やします。利水剤は、体の偏在している「水」のバランスを整えます。「脚が浮腫んでいるけど喉は乾く」という症状に対して利水剤を用いた場合、浮腫みと喉の渇きが同時に改善され、水が再分配されたときに体に過剰な水がなければ尿量は増えません。


おすすめの本

広告

PAGETOP
Copyright © 漢方薬を始めよう All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.