『傷寒論』の第2条は、中風についてです。

まず最初に書いておきますが、

「中風」という言葉は、

一般的には脳卒中、または半身不随や言語障害など脳卒中による後遺症のことを指して使うことが多いと思います。

しかし、下に書くものは、それとは別の内容になります。

急に発症する症状、という点では一致していますが。

 

 

では、第2条です。

「太陽病、発熱、汗出、悪風、脈緩者、名為中風」

⇒太陽の病、発熱し、汗出でて、悪風し、脈緩なる者は、名づけて中風と為す。

⇒太陽病で、発熱、発汗、悪風があって、脈が緩である者は、中風である。

 

中風というものの説明になります。

次の第3条には「傷寒」が出てきますが、

第2条の「中風」の説明と、第3条の「傷寒」の説明が似た書き方で続いており、

まず、太陽病をその症状により、「中風」と「傷寒」の2つ分けています。

(実際には、その中間の症状もあり、きっちり線引きするのは難しい場合もあると思います。)

 

太陽病で

第1条で、「太陽病とは・・・」というのを説明しておいて、(『傷寒論』 第1条 太陽病の定義

第2条で、「その太陽病で、」ということなので、

第1条に書いてあった太陽病の症状、

脈が浮、頭~項の痛み、悪寒といった症状があって、さらに・・・という流れです。

 

発熱

体温が平熱より何度上がれば発熱か?などと考える必要はありません。

体温計が発明されるよりずっと古くに書かれているからです。

自覚的、または他覚的に、熱っぽい感じがあれば発熱です。

 

汗出で悪風

発汗は、ダラダラと滴が垂れるような汗ではなく、

皮膚の表面がじっとりと汗ばんでいるようなものです。

悪寒といえば、ゾクゾクッと身を縮こませてしまうような、じっとしていても感じるもので、

悪風は、そこまではなく、風(冷気)にあたった時に嫌な感じがするようなさむけです。

汗が出ていれば、汗腺は開いていて、皮膚は湿っていますので、風にあたれば悪風を感じやすい状態です。

 

脈が緩

太陽病であれば、「脈は浮」でしたので、

浮いていて、緩やかな脈ということになります。

手首の浅いところで脈には触れるけれでも、血管が弛緩しているような勢いのないゆったりとした脈です。

これも「傷寒」とは対照的なところです。

 

中風と為す

以上のような症状のあるものを、「中風」とよびます。

風(かぜ)に中(あた)ったことによる病気という意味です。

第3条の「傷寒」にくらべると、「中風」は症状が軽いものであり、

おそらく誰もがかかったことのある、一般的な「感冒」(急性熱性疾患)がこちらに相当すると考えられます。

後に出てきますが、

代表的な方剤でいえば、「桂枝湯」(けいしとう)が使われる症状の一つになります。

  関連コンテンツ

スポンサーリンク