「猪苓湯」の効果

「猪苓湯」(ちょれいとう)がよく膀胱炎や尿道炎のファーストチョイスと認識されていますが、

実際、猪苓湯が膀胱炎などに使われる場合、

主な目的は、

膀胱に水分を引きこんで、尿を希釈する、

それによって、膀胱炎様の症状である、膀胱の刺激感、排尿痛、違和感、不快感を和らげることです。

膀胱炎の原因菌を殺す(抗菌)作用まではさほど期待できないですし、

炎症が強い場合は、「猪苓湯」単独では効果が弱いかもしれません。

※膀胱炎・・・頻尿、排尿痛、尿濁、残尿感、血尿、膀胱付近の不快感などの症状とともに、尿検査で白血球、細菌がみられるもの。膀胱炎様症状を呈するが、細菌感染を認めない場合を非細菌性膀胱炎といい、原因にはさまざまあります。

 

(参考)高齢者の漢方治療 [ 小山誠次 ]

 

「猪苓湯」と「五苓散」の共通点

構成生薬は

猪苓湯 = 茯苓・沢瀉・猪苓・滑石・阿膠の5種類です。

「五苓散」(ごれいさん)と比べますと、

五苓散 = 茯苓・沢瀉・猪苓・白朮・桂枝の5種類で、

似ています。

 

両方とも尿量が減少し、口渇、下痢がある症状に使える処方です。

茯苓・沢瀉・猪苓は、利水作用がメインです。

体から水分が排泄される経路として、

大腸から便といっしょに出てしまおうとする水を一部を、

組織側に引き込んで、それを尿として出すのが

五苓散、猪苓湯の共通の作用になります。

下痢が治まり、尿量が増え、水分代謝が改善されるので口渇も和らぎます。

 

 

では猪苓湯の特徴は・・・

猪苓湯には滑石(カッセキ)が含まれているのでその分、

膀胱や尿道の軽度の炎症に対して、効果があります。

炎症の熱を、尿とともに体外に排出する作用があるためです。

滑石が、茯苓・沢瀉・猪苓の利尿作用を助けまして、

尿路結石のとき、結石を動かして出しやすくするのにも使える処方になっています。

 

阿膠(アキョウ)が配合生薬の中で唯一、

陰血を補う薬になっています。

体を滋潤し、他の4種の利水によって陰液が不足しすぎる弊害を防いでいます。

また、止血作用があります。

茯苓とともに、鎮静的に働くので、イライラ感、不眠の症状が伴うときにも対応します。

 

というわけで、膀胱炎の症状に合う方剤になっていますが、

メインは、尿量の増加、尿の希釈、下痢を減らす、といった作用でありまして、

抗炎症、止血、鎮静の作用は、補助的なものとなっています。

 

猪苓湯(ちょれいとう)〔漢方薬〕(第2類医薬品)膀胱炎、足腰のむくみに。

 

そして冒頭の話に戻りますが、

膀胱炎に対して漢方薬だけで対処しようとすれば

利水薬と清熱薬を同時に有しているような、

「五淋散」(ごりんさん)か、「竜胆瀉肝湯」(りゅうたんしゃかんとう)が候補になります。

「猪苓湯」は、非細菌性膀胱炎や、

膀胱炎を抗生剤で治療した後、まだ違和感が残るというような、

膀胱炎様の症状はあるけれど尿検査では異常がないという場合によく用いられます。

 

※補足記事

「猪苓湯が膀胱炎のファーストチョイスだと誤解されている」と書いた理由

  関連コンテンツ

スポンサーリンク