「五淋散」とは

「五淋散」(ごりんさん)は、泌尿器系で用いられる代表的な漢方薬です。

ほぼ泌尿器系でしか使われません。

一般的な尿路系の炎症に対してはファーストチョイスの処方です。

 

「淋」というのは、水が滴る(したたる)ことを表している漢字で、

尿がポタポタと漏れるような症状を「淋証」と言います。

「五淋散」は、5つのさまざま原因による排尿異常を治すことができる、という意味が込められています。

(※淋菌感染症の「淋病」と、淋証は異なります)

 

さまざま排尿異常をきたす「淋」とは、

石淋(尿路結石)、気淋(残尿感)、熱淋(尿道炎)、血淋(血尿)、膏淋(尿濁)、労淋(疲労による慢性の膀胱炎)など。

 

性病検査 STDチェッカー

「五淋散」は、膀胱炎の症状でよく用いられていますが、

尿路感染症に限ったことではなく、排尿痛などで、泌尿器系の炎症を疑えばまず使えるという方剤になります。

排尿異常があるけれど妊娠中だから漢方薬でお願いしたい、という場合にも処方されているかもしれません。

 

 

五淋散の構成生薬について

さて、五淋散の構成生薬ですが、

メーカーによって大きく異なっております。

出典が異なることが理由のようですが、

適応や効能にはほとんど違いはないようです。

 

茯苓・当帰・甘草・芍薬・山梔子
(それに出典によっては黄芩・地黄・沢瀉・木通・滑石・車前子などが加味されます。)

一部、解説をするとすれば、

黄芩・山梔子の配合は、黄連解毒湯-(黄連・黄柏)であり、清熱(抗炎症)作用。

芍薬・甘草の組み合わせは、鎮痛作用。

茯苓・沢瀉・木通・滑石・車前子は、すべて利水薬。

そのうち茯苓・沢瀉・滑石は、「猪苓湯」(ちょれいとう)と共通です。

 

当帰・芍薬・地黄をみれば、「四物湯」(しもつとう)と共通ですので、補血に働くため、

特に女性では月経中に起こった排尿異常にも適します。

 

「ボーコレン」
女性専用の薬のようなパッケージですが、中身は「五淋散」です。

 

当帰・地黄が含まれますので、胃腸虚弱な方は注意して使ってください。

 

補足として
厳密には出典では、清熱涼血作用を期待するため、
茯苓は赤茯苓、地黄は生地黄、芍薬は赤芍、甘草は生甘草となっています。

 

  関連コンテンツ

スポンサーリンク