「猪苓湯」の効果

「猪苓湯」(ちょれいとう)がよく膀胱炎や尿道炎のファーストチョイスと認識されていますが、

実際、猪苓湯が膀胱炎などに使われる場合、

主な目的は、

膀胱に水分を引きこんで、尿を希釈する、

それによって、膀胱炎様の症状である、膀胱の刺激感、排尿痛、違和感、不快感を和らげることです。

膀胱炎の原因菌を殺す(抗菌)作用まではさほど期待できないですし、

炎症が強い場合は、「猪苓湯」単独では効果が弱いかもしれません。

※膀胱炎・・・頻尿、排尿痛、尿濁、残尿感、血尿、膀胱付近の不快感などの症状とともに、尿検査で白血球、細菌がみられるもの。膀胱炎様症状を呈するが、細菌感染を認めない場合を非細菌性膀胱炎といい、原因にはさまざまあります。

 

(参考)高齢者の漢方治療 [ 小山誠次 ]

 

「猪苓湯」と「五苓散」の共通点

構成生薬は

猪苓湯 = 茯苓・沢瀉・猪苓・滑石・阿膠の5種類です。

「五苓散」(ごれいさん)と比べますと、

五苓散 = 茯苓・沢瀉・猪苓・白朮・桂枝の5種類で、

似ています。

 

両方とも尿量が減少し、口渇、下痢がある場合に使える処方です。

茯苓・沢瀉・猪苓は、利水作用がメインです。

体から水分が排泄される経路として、

大腸から便といっしょに出てしまおうとする水の一部を、

組織側に引き込んで、それを尿として出すのが

五苓散、猪苓湯の共通の作用になります。

下痢が治まり、尿量が増え、水分代謝が改善されるので口渇も和らぎます。

 

 

では猪苓湯の特徴は・・・

猪苓湯には滑石(カッセキ)が含まれているのでその分、

膀胱や尿道の軽度の炎症に対して効果があります。

炎症の熱を、尿とともに体外に排出する作用があるためです。

滑石が、茯苓・沢瀉・猪苓の利尿作用を助けまして、

尿路結石のとき、結石を動かして出しやすくするのにも使える処方になっています。

 

阿膠(アキョウ)が配合生薬の中で唯一、

陰血を補う薬になっています。

体を滋潤し、他の4種の利水によって陰液が不足しすぎる弊害を防いでいます。

また、止血作用があります。

茯苓とともに、鎮静的に働くので、イライラ感、不眠の症状が伴うときにも対応します。

 

というわけで、膀胱炎の症状に合う方剤になっていますが、

メインは、尿量の増加、尿の希釈、下痢を減らす、といった作用でありまして、

抗炎症、止血、鎮静の作用は、補助的なものとなっています。

 

水分摂取も必要です。

繰り返しになりますが、猪苓湯の作用のポイントは、

「飲食した水分を速やかに尿として出すこと」なので、

尿にするための水分が体に不足している状態では十分な効果が得られません。

膀胱炎になりやすい人、猪苓湯が欠かせない人は、もともと水分が足りていない(陰虚体質の)可能性があります。

猪苓湯を服用するときは、水分もきちんと摂って下さい。

 

「トイレを我慢しすぎると膀胱炎になるよ」と良く聞きます。

しかし、トイレを我慢しなさすぎてばかりいると、

膀胱の筋肉の柔軟性が衰えて、今度は尿を溜めたいときに溜めれない、頻尿の体質になってしまいます。

だからトイレを我慢しすぎるのもいけませんが、我慢しなさすぎるのもいけません。

より正確にアドバイスするとすれば、

トイレをガマンしてはいけない、というよりも、「水分の摂取をガマンしないように」となります。

仕事上トイレを我慢しないといけない状況が多い人は、トイレに行かなくてもいいように普段から水分摂取を控えている人も多いのではないでしょうか。

一般的に、体の老廃物や、余分な水分を排泄するために必要な尿量は、体重などによって異なりますが、例えば1日に1000ml~1500mlだとして、

1回の排尿量は、これも成人や高齢者によっても違いますが、200ml~300mlくらいだとすると、

1日のトイレの回数は少なくても5回程度となります。

実際には膀胱の容積は500mlくらいあるので、Maxまでガマンして溜めて出せば、これより少ない回数でも可能でしょう。

しかし、体の水分が足りていない場合、

体に必要な水分を残しつつ、老廃物を排泄するためには、尿を濃縮させるしかありません。

この濃い尿が、膀胱の粘膜を刺激する原因になります。

これが続くと膀胱炎様の症状が起きやすくなってきます。

 

猪苓湯だけで治らないとき

冒頭の話に戻りますが、

膀胱炎に対しては、猪苓湯だけでは限界があります。

尿が明らかに濁っているとき、漢方薬を使って治そうと思えば

利水薬と清熱薬を同時に有しているような、

「五淋散」(ごりんさん)や「竜胆瀉肝湯」(りゅうたんしゃかんとう)が候補になります。

医療機関で尿検査をして細菌が認められれば、通常は抗生物質が処方されます。

「猪苓湯」は、非細菌性の膀胱炎や、

膀胱炎を抗生剤で治療した後、まだ違和感が残るというような、

膀胱炎様の症状はあるけれど尿検査では異常がないという状況に適します。

 

 

「猪苓湯が膀胱炎のファーストチョイスだと誤解されている」と書いた理由

追記

「猪苓湯が膀胱炎のファーストチョイスだと誤解されている」

という記事のタイトルだけをみて誤解を与えていたり、

もしくは、記事の内容の不十分な点が、

関係者の方のご迷惑になっていたとしたら申し訳ないので、

補足します。

 

まず、私個人の認識でいうと、

膀胱炎のファーストチョイスの薬は?と聞かれると、

ニューキノロン系の抗菌薬、次にセフェム系だと思っています。

トスフロキサシン(オゼックス)、ノルフロキサシン(バクシダール)、レボフロキサシン(クラビット)、シタフロキサシン(グレースビット)、シプロフロキサシン(シプロキサン)や、セフカペンピボキシル(フロモックス)、セフォチアムヘキセチル(パンスポリン)など。

 

私の働いている薬局にもよく泌尿器科の処方せんが持ち込まれますが、

大体は上記の抗菌薬(抗生剤)が処方されていまして、

それに症状に応じて消炎鎮痛剤、人によっては胃薬が入りますが、

そして猪苓湯がよく併用されています。

実際のところ、

尿濁があり、尿検査でも細菌や白血球の項目に異常が認められた人に処方されているのは

抗生剤+猪苓湯が大定番でありまして、

ほとんどの方がそれだけで改善していかれます。

初期の急性膀胱炎であれば、抗菌薬は短期間のみ、あとは猪苓湯だけでOKなのだと思います。

それでも「猪苓湯が膀胱炎のファーストチョイスだと誤解されている」と書いたのは、

上記のような患者さんの中には、

ずっと症状を我慢しながら(市販の)猪苓湯を飲んでいたのに、全く治らないから、耐えかねてようやく受診しました、という方がよくいらっしゃるからです。

 

このブログは、

漢方薬のことをよく知らない方が漢方薬をたくさんの中から選ぶとき、

薬剤師や登録販売者が、漢方薬の相談を受けたとき、

何か参考になればということで書いており、

「猪苓湯」というのがどういう特徴のある漢方薬であるかということを説明しようと書きました。

 

専門家の診察を受け、または受けるべき検査を受けたのであれば、それによる診断結果に最も適した薬を使うのが当然。

湿熱の症状が・・・とか、陰虚体質であれば・・・とかで考えられる方であれば、胃腸障害の出ないようになど配慮しながら、猪苓湯をベースにして、つまり猪苓湯をファーストチョイスとして、方剤を組み立てていくのかもしれません。

○○湯に○○を併用してみたらいいかもというようなことは、とてもレベルの高い話になってきますし、

一般的に、専門家ではない方が、自覚症状のみを頼りに店頭で漢方薬を選ぶ場合、パッケージに書かれている症状や、広告の印象、店のおすすめ品、そしてネット上の情報やクチコミなどで選んでしまっていることが多いのが現状ではないかと思います。

そういった状況で、

膀胱炎に使う漢方薬として猪苓湯があまりに有名ですが、(実際私のところでも一番よく使っているのでありますが)

医療機関を受診せずに漢方薬で対処しようと思っている方が薬局やドラッグストアにきて、

店頭でどれか一つを選ぶとなったとき、

猪苓湯の中身のことをよく知らないままで

「膀胱炎ならとりあえず猪苓湯」となってしまうのはダメじゃないかなということです。

 

  関連コンテンツ

スポンサーリンク